スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の街桜の国 

夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社
この商品の詳細を見る

原爆が落とされて10年後の広島。
復興する街に住む皆実の揺れ動く心…
そして現代、戦争を知らない私たち世代にも戦争が残したものがある…

広島に住む人たちには、血縁に被爆者がいるということは珍しいことではないです。
私の祖母は知り合い・親戚を探すために放射能の残る広島の街に行き被爆しました。
背中におわれていたなにもわからない幼い叔母も。
だけど祖母からあの日の話は聞いたことがないです。
きっと話したくない惨状だったのかもしれないです。
作者のこうのさんは同世代の広島生まれ。
私たちの小中学生のときは、必ず平和学習がありました。
なんどもなんども原爆の悲劇を学習しました。
今の小学校にはそういうことはないです。
戦争を知らない子供たちに伝えなきゃいけない命の重さ。
自分の意思とは関係なく命が奪われていったこと。
今は緩やかに流れる川には多くの死体が浮かんでいたこと。
今にぎやかなこの街は草木が生えてこないと言われた土地だということ。
繰り返してはいけないことなのです。
こうのさんのあとがきに書かれていた、参考資料の原爆ドームの写真が年々小さくなっているということには、
少なからずショックを受けました…

ちょっと辛口↓

しかしどんなに「夕凪の街桜の国」が優れていても…
このマンガにはかなわない…

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻 〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
中沢 啓治 (1993/04)
汐文社
この商品の詳細を見る

広島の子供なら絶対読んでいるはず。
こうのさんの作品も素晴らしいです。
でもやはり私たち戦争を知らない世代の作品。
この「はだしのゲン」の作者の中沢さんは実際に原爆にあわれました。
自分が見た地獄のような広島をマンガにして私たちに伝えてくれたんです。
私が印象に残っている話は、戦争で手足を失い帰ってきたものの家族にやっかいもの扱いされている
若い帰還兵の話。
身の回りの手伝いにいったゲンは、芋虫のような彼の手足にわく蛆虫をとってあげるのです。
これがリアルで子供心に衝撃的で…
戦争は終わっても、人々の中じゃ終わってないんですよ。
どこを切り取っても戦争の悲惨さむごさ愚かさ悲しさがビシビシと伝わるマンガです。
ウチのムスメも読んだのですが、私自身どう対応していいやらでした…
ぜひ手にとってみてくださいとは言えません。
でもこういうマンガがあるんだってことは、伝えていきたいですね。

コメント

bonさん、こんにちは♪
やはり「はだしのゲン」ですか。
そうですよね。
わたしも今でも時々図書館で借りては読んだりしていますよ。
その手を失った帰還兵の話も読んでます。
「ゲン」も映画にもアニメにもなっているけど、原作漫画のインパクトにはかないませんね。
どんな手段であれ、戦争はいかん、ということを伝えられれば良いけど…。
TBさせていただきました。
遅ればせながら「スケバン」にも。

shortさん こんばんは。
やっぱりこれなんですよね…
shortさん時々借りて読んでるんですね、えらいなぁ。
私はムスメが借りてくるまで、読むことができなかったですね。
ムスメも7巻がなかったらしく途中で止まってます。
私も最後のほうはあやふやなんで、今度きちんと完読しようと思ってます。
アニメや映画はちょっとソフトになってた記憶が…
原作マンガは衝撃的ですよね。
今の子供たちには、遠い世界なんでしょうね。

「スケバン」TBありがとうございます♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/120-30217f57

夕凪の街桜の国/こうの史代

夕凪の街桜の国こうの 史代 ぜんたいこの街の人は不自然だ誰もあの事を言わないいまだにわけがわからないのだわかっているのは「死ねばいい」と誰かに思われたということ思われたのに生き延びているということ--
  • [2006/11/20 16:44]
  • URL |
  • なれのはて |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。