スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚者と愚者 上巻 

愚者と愚者 (上) 野蛮な飢えた神々の叛乱 愚者と愚者 (上) 野蛮な飢えた神々の叛乱
打海 文三 (2006/09/26)
角川書店
この商品の詳細を見る

孤児部隊の司令官の佐々木海人大佐。
孤児として戦争に巻き込まれた彼は、戦争から降りることができない立場となっていた。
シティでの選挙の成功が、戦争終結への第一歩と考える常陸軍たちに反発する勢力が出てくる。
それは供にシティを守るために戦ってきた仲間たち。
報復による報復の連鎖が繰り返され、常陸軍内部でもゲイ兵士への虐待事件が発覚し流れが
大きく変わっていく。
<我らの祖国><黒い旅団>など新たな敵も現れ、ますます混乱を極めていく…


カイトはいい男だ。
部下や仲間、上司、彼に出会う人のほとんどが彼に魅了されていく。
前線で命のかけて戦っていた頃と違い、司令官として守られる立場となったカイト、いくぶん余裕が
あるようにも思えるけどやはり彼にかかってくる重圧は相当なものだ。
何があっても孤児部隊は自分が守るという彼の気持ちが痛々しい。
何度も繰り返され語られる土浦での戦いの六人、この六人の友情は責任ある立場になっても
揺ぎ無いもので、思い出すと泣けてくる。
明日命を失うかもしれない生活をこの六人は生き抜くことを目標に戦ってきたのだ。
今も前線で戦う兵士たちは、こういう思いをしている者たちがいる。
戦争が終わらない限り続くのだ。
カイト、負けるな。
それにしても戦況が見えない状態になってきてます。
昨日まで仲間であった者が敵となったり、他都市の勢力が攻め入ってきたりと展開が早いのです。
すべてを制圧できる日はくるのでしょうか…
カイトが戦争から降りることはできるのでしょうか…
無学だった少年がすっかり大人になってしまい淋しい気もしますが、たくましくなったカイトをまだまだ
見ていきたいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/114-0fd228f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。