スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレート・アンダーグラウンド 

チョコレート・アンダーグラウンド チョコレート・アンダーグラウンド
アレックス シアラー (2004/05)
求龍堂
この商品の詳細を見る


選挙で勝利を収めた健全健康党によってチョコレート禁止法が発令された。
チョコレートだけでなく甘いものが禁止され、店からはあらゆるお菓子が消え、
とても食べれたものじゃない代用菓子が並べられる。
チョコレートが大好きな少年ハントリーとスマッジャーは、行きつけだったバビおばさんの店の倉庫に
チョコの材料を見つけ密造することを思いつく。
チョコの密売人となり、地下チョコバーを開くのだが…


たかがチョコ?お菓子くらいなんて思ってませんか?
いえいえこれはたいへんな問題なのです。
小さな包み紙のチョコさえ、チョコレート探知車によって発見され強制施設に送られてしまうのです。
しかも何故こんな迷惑な法律を作ってしまうような政党が勝利したのかというと、政治による無関心から!
誰もこんなとこに投票しないよ、という気持ちから選挙に行かない人が増えたからなんですよ。
これってどこの国でも当てはまることじゃないですか!
あとがきにも書いてあったのですが、「チョコレート」を「自由」に置き換えて考えてみてください。
自由を奪われてしまうんですよ、圧力によって。
結構メッセージのある話なのです。
こういうことは抜きにしても、楽しい話でした。
ハントリーとスマッジャーの二人が、少年ながら頑張ってるんですよ。
いい大人よりも女・子供が、不当な圧力に戦いを挑んでるんです。
その行動力はすごいです。
でもさぁ、チョコレート探知車とか抜き打ち検査とか怖いと思いません?
なんか妙なピリピリムードが漂って、いい国にしようって心意気が感じられませんよね(笑)
児童書ともいえるようなわかりやすい話なので、この厚みじゃなければウチの子供にも薦められるのになぁ…

コメント

bonさん☆こんばんは
この本の厚みは結構ありますけど、とっても面白いからお子さんに薦めても大丈夫だと思いますよ。
こういうストーリーで大事なことを勉強するってステキだと思います。(#^.^#)

Rokoさん こんばんは!
ウチの子は最近本嫌いになってるんですよ~。
あの厚さをみせたらきっと「めんどくさい」で片付けられてしまいます…
きっとこの本もアニメだと夢中になって見ると思います。
面白い本なんだから読めば楽しいのに。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/108-3af91de2

『チョコレート・アンダーグラウンド』 アレックス・シアラー

チョコレート・アンダーグラウンドposted with amazlet on
  • [2006/11/12 18:08]
  • URL |
  • ついてる日記? |
  • TOP ▲

チョコレート・アンダーグラウンド

アレックス シアラー, Alex Shearer, 金原 瑞人 チョコレート・アンダーグラウンド  イギリスで新しく政権を握ったのは健全健康党。そして健全健康党は国民の健康を守るため、新しい法律「チョコレート禁止法」を制定した。チョコレートをはじめ、キャンディーも
  • [2006/12/08 21:36]
  • URL |
  • ~Books Journey~ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。