スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華胥の幽夢 

華胥の幽夢(ゆめ)―十二国記 華胥の幽夢(ゆめ)―十二国記
山田 章博、小野 不由美 他 (2001/09/05)
講談社
この商品の詳細を見る

『冬栄』
泰麒が使節として漣に行く話。
幼く何も驍宗のためにできないと悩む泰麒に漣王の優しさが泰麒の心をほぐしていきます。
『黄昏の岸 暁の天』に繋がっていくんですよね…

『乗月』
峯王仲達を討った月渓に仲達の娘祥瓊からの書簡が届く。
祥瓊の思いは月渓の背負う苦悩を取り去ることができるのか…
月渓の奥底のある気持ちがわかり、読んだあと少し嬉しくなりました。

『書簡』
慶王陽子と雁の大学に通う楽俊の往復書簡。
お互い立場は違うけど、苦労がわかってるからこその気持ちがありありと伝わってきます。

『華胥』
理想の国作りをしてきたはずの才王・砥尚。
しかし采麟は病んでいく…
砥尚を支えてきた者たちは、自分たちのしてきたことに苦悩することになる…
これが一番重い話でした。
信じてきたものが間違っているかもしれないと気づいたら…
何もできずに悩む臣下たちが痛ましいです。

『帰山』
柳国の王都で宗王の次男・利広は風漢に出会う。
二人は荒廃に向かっている柳を憂い、他国のことを話しあう…
本当にこれからどうなっていくんでしょうか。

短編といえどもその中にぎゅっと詰まったかんじです。
重いです。
国を背負わなければいけない王、麒麟の重圧は、計り知れないものなんでしょうね。
既刊はここまで。首を長くして待っているんですよね、皆さん。
私もその仲間入りです…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/107-1ba0fb27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。