スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横道世之介 

横道世之介横道世之介
(2009/09/16)
吉田 修一

商品詳細を見る


この本、すごく好き。よかった。
長崎の田舎町から東京の大学に進学した横道世之介の1年。
ちょうどバブルの頃で、私の大学生活の頃がその名残りの頃だったので、大体がかぶっていて今じゃ考えられないような華やかさが懐かしかったりします。
なにより魅力的なのが横道世之介。なんかねー、フワフワとしてスキップしながらまわりにお花が飛んでるようなんですよ。かわいい。なんてチャーミングな男の子なの。
図々しい面もあるんだけど、どこか憎めないんですよ。
世之介の関わった人たちのその後が途中途中に挟まっていて、生活の匂いを感じさせます。
彼らはなにかしら世之介の影響を受けているんですよね。
でもそれって誰にでも言えることなんですよね。私だってもしかしたら誰かに影響を与えているのかもしれないってこと。そういう人と人とのふれあいが、押し付けがましくなく描かれていてるんです。
ガールフレンドの祥子ちゃんとのエピソードは、じーんとしましたね。2人が長崎で出合った事件は、ホントに世界観が変わること思うんですよ。自分の無力を叩きつけられ、それを消化させていくところが若さを感じさせます。
2人が付き合うことになって、喜んだ人も多いことだと思います。

世之介の最後…これは彼らしい最後だったのかな。大人になっても飄々としていて、なんのためらいもなく手をさしのべる人になっていたのかな。
祥子ちゃんとの約束、どこまでかわいい男なんだか。

本屋大賞にノミネートされてるんですけど、個人的にもう「横道世之介」でいいと思います^^

スポンサーサイト

にょっ記 

にょっ記にょっ記
(2006/03)
穂村 弘

商品詳細を見る


箸休めみたいな本です。唐突にはじまり唐突に終わる。でもって、ついつい笑ってしまう本です。
かなり脱力系です。
一番面白かったのは高知城を作ったOLの話かなー。なぜに高知城ーーーー。
イラストもたいへんかわいかったです。
たまにこんな本も読むのもいいもんです。

武士道エイティーン 

武士道エイティーン武士道エイティーン
(2009/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る


いよいよ高校生活最後の年となりました。香織と早苗の剣道対決はいかに!
やはりこのシリーズ面白いです。いいなー、こういう青春って。二人の進む道は違えど、支えあってるんだよね。
なにかに打ち込めるものがあるってホント素敵だと思います。
今回は早苗の姉緑子、桐谷道場の桐谷先生、福岡南の剣道部顧問吉野先生、後輩の田原のほろ苦いエピソードも掲載。
よかったのは吉野先生の武勇伝。途中でウルっときちゃったよ。
意外なところで縁は繋がるものなんだなと、一期一会の大切さを感じました。先生見直しちゃったよ。
それから香織にくっついていた田原が急に香織から離れていくんだけど、それが何故だかわからなくてずっと悶々としてたのですが、田原のエピを読むとやっとその理由がわかって、彼女たちの成長ぶりにどこか嬉しくなってしまいます。
どうも母親目線ですな。
願わくばもう少し彼女達を見守っていきたいと思うのですが、読者の思い誉田さんに伝わるかしら…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。