スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK1 BOOK2 

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


久しぶりハルキ本は 社会現象になった「1Q84」です。
読み始めて少し違和感を感じた。村上春樹ってこんなだっけ?

私が村上春樹を手にしたときは高校生のときで、「羊をめぐる冒険」だった。
今までにない衝撃を受けて、ハルキ本を読み漁ったのでした。
そして、これまた社会現象となり世に村上春樹の名を広めた「ノルウェイの森」を読まずに村上春樹から遠ざかったのでした。
なぜに村上春樹にはまったのだろう?不可思議な世界に迷い込み喪失感を味わいながらめぐるめぐる冒険(?)に心惹かれてたんだろうな。
それから「海辺のカフカ」や「アフターダーク」あたりからまたハルキ本を読みだした。
「ノルウェイ」も読んだ。(蛍、納屋やんと思ったよ。)昔のようにははまれないのは大人になったせい?

で、この「1Q84」も同じように不可思議な世界に連れ込まれてしまうのですが、主人公たる青豆、天吾が力強く感じられるのです。これが違和感のひとつなんだろうな。
そしてどんなに不可思議な世界を描こうと、現実的に思えるのも違和感のひとつ。
モデルのような宗教団体があるからなんだろうね。想像せずにはいられない。
それでもやっぱり惹きこまれてしまうんだよなぁ。
「空気さなぎ」の話が出てくるとがぜん村上春樹の世界でした。そうなんだよ、これなんだよ。
と夢中になり始めたところでページ数が少なくなり、いつものように置き去りにされたのでした。

この続きはそのうち出るようです。よかった、あれで終わりなんてたまらない。
近いうちに「アンダーグラウンド」読んでみようと思う。

1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


スポンサーサイト

橋の上の「殺意」 

橋の上の「殺意」―畠山鈴香はどう裁かれたか橋の上の「殺意」―畠山鈴香はどう裁かれたか
(2009/06)
鎌田 慧

商品詳細を見る


読書に行き詰るとノンフィクションは手が出る分野です。
この本も図書館で見つけて、気が進まないけど手に取った本です。
畠山鈴香という名前を覚えているでしょうか?
我が子を橋の上から突き落とし、隣家の子供を殺した事件です。
気が進まないなと思った理由は、とにかく彼女のイメージの悪さからなのです。
マスコミに映し出される姿は、ヒステリックに叫び鬼女そのもの。憔悴している姿も芝居がかって見えるし。
そして彼女に対する噂。育児放棄、男出入りが激しい、男が家にくれば殺された彩香ちゃんは外に出される、だらしがない、生活力がない…どれをとっても同情の余地はないのです。

しかしこの本に書かれている彼女の生い立ち、父親からの暴力、学校生活でのいじめ、結婚生活等々知れば知るほど彼女が哀れに思えてくるのです。
決して彼女の犯した罪は許されるものではないのですが、マスコミによって作られてしまった畠山鈴香像には疑問符が残るのです。
マスコミの取材はすさまじいものがあったようで住民に多大な迷惑をかけたようです。
情緒不安定になる人もいたそうです。
事件を起こしマスコミを連れてきたことで、住民の憎悪は彼女に向けられたのです。
事件当時彼女は精神を患い精神安定剤、睡眠薬などを常用していて、体調も優れなかったようです。
そのせいか彩香ちゃんに対する世話は最低限のことしか出来てなかったようです。
だけど決して疎ましく思ったり育児放棄をしてたわけじゃないのです。
経済的にも追い込まれてたようです。離婚してからも元夫からの養育費はすぐに送ってこなくなったそうです。体調も悪く働くのもままならない。
いろいろな方面で彼女は追い込まれてしまっていたのです。

彩香ちゃんの死の真相ははっきり言ってよくわからないのです。
その部分だけ彼女の記憶がないのです。だから事件後すぐに事故処理として扱われていたのにも関わらず事件ではないかとビラ配りまでして騒いでいるのです。
この時警察がよく調べていたらもう一つの事件は起こらなかったかもしれません。
警察の取調べは強引だったようです。自分達の失態を隠すかのように。
弁護士もこの地域は過疎地域だったようです。
いろいろな意味で問題があった事件だったんだなと思います。

さて裁判員制度もはじまりましたね。作者はこの裁判員制度にも問題提起してます。
マスコミによる先入観でもしこの裁判が行われていたら、どういう判決になったのでしょう。
畠山鈴香の裁判は無期懲役という判決で終わっています。
遺族からしたらやるせない思いでしょう。
事件を裁くというのは本当に複雑ですね。

利休にたずねよ 

久々の更新です…
すっかり読書離れしておりました。
休んでいる間に読んだ本もあるのですがはっきり覚えてないというか…
またそのうち書きます、感想。

で、最近読んだ本がこの「利休にたずねよ」です。
マンガの「へうげもの」が好きで、この間9巻を買ったので最初から読み直してみたんですよ。
そしたら無茶苦茶面白くって!!!
戦国時代の流れってだいたいは把握しているけど、茶の湯方面から見ると楽しさ倍増なんですよ。
で、ちょっと戦国モノが読みたくなりましてこちらを借りてみました。


利休にたずねよ利休にたずねよ
(2008/10/25)
山本 兼一

商品詳細を見る



千利休が死ぬ前日よりさかのぼって、利休をとりまく人々が利休に語っていくのですが、いかんせん「へうげもの」のキャラが強烈すぎて物足りないんですよ。
織部はもっとひょうげなきゃとか、山上宗二の死は「へうげもの」のほうがよかったとか。
いけませんなー。

緑釉の香合という謎を問いかけらているのですが、利休が若き日に苦い思い出だったんですね。
利休に若い日が…考えれん。

今頭の中戦国ブームなのですが、実家に眠る徳川家康を読もうかどうしようかと思っております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。