スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京島 

東京島東京島
(2008/05)
桐野 夏生

商品詳細を見る

夫が退職したのを機に夫に連れられ清子は世界一周の船旅に出たが船は難破、たどり着いたのは無人島だった。
数ヵ月後若者を乗せた船が難破、清子たちの住む無人島に流れ着く…

いやぁ面白かった。あまりにリアリティがなくて、彼らの狼狽ぶりを想像するだけで面白かった。
島には女は清子一人。若い男たちに囲まれてパラダイスかって思うかもしれないが、そうはいかないのが桐野さん。すごいね、エゴだよ。
リーダーシップを発揮するものもおらず、まとまってるようでまとまってないのは今の若者ってことなんだろうか?
途中から中国人たちがまた島に投げ出されるのだけど、こっちのほうがまとまっていてたくましいのはなんかほんま日本人ってひ弱なんだわって思わされる。
話が進むにつれどんどん滑稽になって、ワタナベのとこで笑ったわ。こうもまぬけぶりを発揮されては一生無人島から脱出することはムリなんじゃないかって思ってくるよ。
こういう読み方っていけないかしら…

実際にこういう事件が戦時中にあったそうです。アナタハン島事件だそうです。
同じように31人の男の中に女が1人…
絶対イヤだよ、私。


スポンサーサイト

深川にゃんにゃん横丁 

深川にゃんにゃん横丁深川にゃんにゃん横丁
(2008/09)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


先日の「いいとも」で松尾スズキ氏が猫の話をしていて、猫もしゃべるんだと言っておられました。
そしたらタイミングよくこの本の中でも猫がしゃべるとこが出てくるんですよ。
思わず頭の中を松尾氏の口調で「うみゃいうみゃい、マグロはうみゃい」って駆け巡りましたよ(笑)

とはいえ猫がしゃべる話がメインではないです。江戸深川の小さな横丁、猫が多く住むためにゃんにゃん横丁と呼ばれるとこにある喜兵衛店に住む面々の人情話です。
捕り物のような派手さはないけど穏やか流れるこの江戸の時間が好きです。
猫ってホント不思議な生き物ですよね。人のそばでじっとその人の生き方を見ているのかもしれないですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。