スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリイの籠 

リリイの籠リリイの籠
(2007/12/14)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


仙台の女子高が舞台の連作短編。
いつものように微妙にリンクしていて、それを探すのも楽しい。
女子高生って繊細なんだな。友達のようで友達ではないのかって思わされたり。
相手より優位にたつようになってたり。女の子同士って不思議。
自分もそんな時期を過ごしてきたはずなのに、懐かしいという感情はなかった。
女子高生の話より、先生たちの感慨のほうが好きだったな。といっても先生も若いんだけど。

それにしても田舎の高校生はやはり東京に出たいもんなんだろか。
豊島さんの話はなんだかその思いが強いような気がする。

スポンサーサイト

静かな爆弾 

静かな爆弾静かな爆弾
(2008/02)
吉田 修一

商品詳細を見る


ネッ友さんと吉田さんの新刊の話になり、間違って図書館で借りてきた本です。
新刊は「さよなら渓谷」でした。こっちはラブな話です。
出会いも唐突だったのですが、テレビ局に勤める俊平が出会った女性響子は耳が不自由だったのです。
健常者が普通に暮らす世界と、音がない世界は異質な世界なんです。
普段は気付かないことかもしれないけど、こうして身近になってはじめてわかることなのかもしれないです。
決してマイナスな意味ではないんですよ。彼女にとってはそれが彼女の世界なんですから。
ただこの響子という女性は非常に魅力的でして、私も彼女に惹かれてしまいました。
映像化するなら麻生クミちゃんだな。非常に透明感のある女性なのです。
普段こういうラブな話は苦手なのですが、お願い別れないで!と思わずにいられないほど引き込まれました。
タイトルを考えれば深いなぁと思わされます。

さぁ次はミステリーの「さよなら渓谷」を借りてこなくっちゃ。

傷つきやすくなった世界で 

続いて書いていきますわよ~。なんかbonさん、感想になってないよと思うでしょ。
そうなんです、本は読めども感想まではなかなか書けなくなってしまったんですよ。
なので簡単にメモ程度の感想にさせてくださいね。参考にならなくてごめんなさい~。
私の場合他人様の感想を参考に本選びしてるところがあるんですよね。ホントすみませぬ~。

傷つきやすくなった世界で (日経プレミアシリーズ 2) (日経プレミアシリーズ 2)傷つきやすくなった世界で (日経プレミアシリーズ 2) (日経プレミアシリーズ 2)
(2008/05/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


石田さんのメディアの露出って、他の作家さんに比べたら多いですよね。
「Qさま」にまで出てらっしゃるんだもの。しかも博識なのよね。
で、あの語り口調は結構好きでふむふむと聞き入ってしまいます。内容はほぼ覚えてないけど。
この本もそんなかんじ。でもユニークですよ。
近頃の若い男の子って恋愛が苦手なんだそうです。女の子のほうが積極的。
ナイーブなんですかね。傷つきたくないってのがあるんでしょうね。
そんな恋愛話もあればお子様の話まで。詳しくは書かれてないけど、お子様のこと好きなんだなと感じられます。
お引越しの話も書かれていて、テレビに登場する書斎(仕事場?)のことなのかなと。
スタイリッシュでステキな部屋ですよね。片付けられたあの部屋を見ると、何事にも几帳面なんだろうなと思ってしまいます。
右から左へ流れていきそうな話だったんですけど(きゃーすみません~)、あの語り口調を思い浮かべながら読むと心地のよいものでした。
私もいろんなこと相談してみたいわ。

鹿男あをによし 

鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


放置気味の本ブログ…とうとうスポンサーサイトさんの記事が出てしまいました(汗)
ということで慌てて、「平成大家族」と「のぼうの城」の間に読んだ本をUPしようとしたら何だったか
思い出せない~。と、困ってたら従妹からメールで
「鹿男読む?」と来たのです。あっ、それそれそれだったわ(笑)

長い前置きは置いといて、事情により大学の研究室から追われ奈良の女子高の教師となった「おれ」
ところが生徒となじめないし、剣道部の顧問をさせられるし、はたまた鹿にまで話しかけられてしまう。
ドラマを先に見ていたせいか、すんなりこの不思議な世界に入ることができました。
なかなか原作に忠実なドラマだったんですね(恋愛要素のためか彼が彼女になってしまったけど)
奈良というのは今では京都にかすんでしまってる感があるのですが、私にとっては行ってみたい場所。
その奈良が舞台だし、歴史的な史跡なども出てきてあぁどうせなら鹿男をめぐる旅がしたいなと思ったのでした。
それにしても主人公の「おれ」なんですけど、オレ様ですね。フフフ玉木クンにピッタリだったです。
イトちゃんピッタリの役どころでしたね。ドラマは飛び飛びに見てたので、なぜイトちゃんがたてつくのかわかってスッキリです。
かわいいよなー、イトちゃん。

前述の従妹に「鴨川ホルモーも面白いらしいよ」とメールを返したので、近いうちに読めるかもしれません。
他力本願な私です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。