スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖で待つ 

沖で待つ 沖で待つ
絲山 秋子 (2006/02/23)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

芥川賞受賞作ともう1篇。

「勤労感謝の日」
少しだけ義理のある近所のおばさんを立てて見合いをした無職の主人公。
現れた相手は風貌も冴えない上に仕事大好き人間を自慢するような輩だった。

読み終えた後せっかくだから勤労感謝の日に読めばよかった…なんて思ってしまいました(笑)
気入らない見合いを蹴っ飛ばし、呼び出した後輩と飲み、その後も一人行きつけの店で飲む。
ただそれだけなのにパワーに圧倒され、ひきこまれてしまうんですよね。
それからどうなったんだろうって思うことは思うけど、この日の日記を垣間見たってことで、
それはそれでよかったのかも。

「沖で待つ」
住宅設備機器メーカーに入社して同じ福岡支社に配属された同期の太っちゃんから、
もし自分が死んだらパソコンのHDDを壊してくれと頼まれる及川。
不慮の事故で死んでしまった太っちゃんとの約束を果たす…

男女雇用機会均等法によっての女性総合職であり、バブル時期も重なり働き詰めだった及川。
自分の職歴が小さいところばかりだったので、そういう大きな会社でバリバリ働き同期の仲間がいる及川が羨ましかったりします。
今自分が働いてるのは水道屋の事務なので、住宅設備機器メーカーのこぼれ話が楽しめました。
建築関係の仕事ってバブル時期は忙しすぎるし今もホント厳しいんですよね。
太っちゃんのような同期は本当に心強いものだし、その絆はなによりもかえがたいものだと思います。
絲山さんの実体験そのものなんだろうな…

絲山さんは短編というイメージなのですが、この本もすぐに読めてしまうんですよね。
なんだか読み終えてしまうのが、もったいないかんじ。
長編を読んでみたいですよね。こっそりリクエスト。

スポンサーサイト

心にナイフをしのばせて 

心にナイフをしのばせて 心にナイフをしのばせて
奥野 修司 (2006/08)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

1969年春、横浜の高校で悲惨な事件が起きた。入学して間もない男子生徒が、同級生に首を
切り落とされ、殺害されたのだ。「28年前の酒鬼薔薇事件」である。
10年に及ぶ取材の結果、著者は驚くべき事実を発掘する。殺された少年の母は、事件から1年半を
ほとんど布団の中で過ごし、事件を含めたすべての記憶を失っていた。そして犯人はその後、大きな
事務所を経営する弁護士になっていたのである。

出版社著者からの内容紹介です。
これだけ読んだら、おぉなんてこと!と思ってしまいますよね…
これから先は私の感想です。1つの意見として聞き流してくださいね。
著者はまず被害者の母親から話を聞こうとするのですが、記憶が抜けていることから被害者の妹さんに
話を伺うんです。
事件直後の母親の痛ましい様子、それを寡黙に支える父…涙がこぼれるほど被害者の痛さがアリアリと
伝わってくるんです。
でも、妹さんは自分を卑下しすぎるんです。
そこがかなり気になるところなのです。
出来のよかった兄が死んでどうして自分は生きているのか…
両親に特に母親に反発していくのです。
でも自分はこんな反抗的で悪い娘なんだと言えば言うほど、どこか著者の意図する方向に導かれていってる
ような気がしてたまらないのです。
そこが延々と繰り返されていき、どうにも重い気分になってしまうのです。
加害者はそれからどうなったのかというと少年院を出た後大学に進み卒業後も別の大学に進み弁護士と
なるのです。
これだけ読めばえっ、そんな人を殺しておいて!と思いますよね。
でもその著者の知りえた事実しか書いてないんですよ。
更正の過程も何もわからないんです。
この少年Aが何を思い犯行に至ったか、何故弁護士となったのか、まったくわからないままなんです。
著者いわくそういう「なぜ」を追及しても虚しいだけで、大事なのは遺族がその後をどれだけ苦しみながら
生きてきたかをつまびらかにすることではないかと思ったからだそうです。
でも加害者にも家族がいますよね、この家族だってのうのうと暮らしてきたわけじゃないと思うんです。
でもそのへんもサラリとしか書かれていないし。
たぶんフィクションならば正と悪とはっきり別れ、感情移入もできるのですが、彼らは実在する人物なんですよ。
私は加害者をかばう気持ちはないです。
でも著者ならば中立の立場で書かなければいけなかったんじゃないかなと、読後も不快感が漂ってます。

続きを読む

乙女なげやり 

乙女なげやり 乙女なげやり
三浦 しをん (2004/06)
太田出版
この商品の詳細を見る

三浦さんのエッセイ初読み。
面白かったです。
でもこの本を読みながら、私ってエッセイ苦手?と思ってしまいました。
面白いんですよ、だけど続けて読めないんですよ。
考えた挙句「私は人の話を聞くのが苦手なのかもしれない」という結論に至ってしまいました。
ふーん、それで…と言いながら意識は遠くをさまよっているのかもしれない…
さて、しをんさんの言うことに激しく同意したのが

旅番組はイケメン俳優を!

私は旅行(しかも貧乏旅行)が好きなのですが、なかなか金銭的にも時間的にもムリ。
その夢をかなえてくれるであろう旅番組に若い女優さんなぞが豪華な旅館に泊まったり、
歴史的価値のある場所に行って特別扱いを受けようものなら
「ケッ、価値もわからんもんが!」と毒づいてしまうのですよ。
これがイケメン俳優の貧乏旅行ならば…いいではないですか♪
元ライダー大集合ってのもいいですなぁ(妄想中)

あと「白い巨塔」ネタ。
自分の本棚にひっそりと積まれてるのを思い出しました。
そんなに面白いならば読まねば~。

Heaven? ご苦楽レストラン 

Heaven? 4 (4) Heaven? 4 (4)
佐々木 倫子 (2005/02/28)
小学館
この商品の詳細を見る

図書館にマンガが置いてあるのですが、いつのまにか種類が増えてるんですよ。
で、借りてみました。
とりあえず1巻と思ったのですが、あまりにも面白いので続きをすぐに借りに行ってしまった(笑)
5.6巻は借りられてました。今度借りるぞ!
佐々木さんといえば「動物のお医者さん」「おたんこナース」が有名ですよね。
「Heaven?」も期待を裏切らず面白いです。
わがままなオーナーに振り回されるスタッフ達という図式はわかってるのに、面白いんですよ。
それにですよ、ここの人たちイケメンなのですよ。
おじいちゃんソムリエの山縣さんまで(笑)
私もオーナーになりたいー。

毒 

毒 poison 毒 poison
深谷 忠記 (2006/08)
徳間書店
この商品の詳細を見る

妻には暴力を、看護師にはセクハラを、担当医師には暴言を、同じ入院患者にも
イヤミな言葉をかける入院患者松永。
彼には息子がいたのだが、中学生の時にシンナーによる事故で死んだのだ。
そのときの同級生が今の担当医師高島であり、彼の部屋での事故だった。
複雑に絡む人間関係、松永の態度に皆憤りをこらえていた…
そんな中、病院内で筋弛緩剤が紛失する…


結構厚みのある本でしたが、一気読み。
殺人が起こりその犯人は誰か?が二転三転していくんですよね。
家庭内のDV問題、昔の恋、息子の死などなどサスペンスを盛り上げてくれます。
父親の暴力というのは子供にまでかなりの影響を及ぼすんですね。
↓ここからネタバレかな

続きを読む

夕凪の街桜の国 

夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社
この商品の詳細を見る

原爆が落とされて10年後の広島。
復興する街に住む皆実の揺れ動く心…
そして現代、戦争を知らない私たち世代にも戦争が残したものがある…

広島に住む人たちには、血縁に被爆者がいるということは珍しいことではないです。
私の祖母は知り合い・親戚を探すために放射能の残る広島の街に行き被爆しました。
背中におわれていたなにもわからない幼い叔母も。
だけど祖母からあの日の話は聞いたことがないです。
きっと話したくない惨状だったのかもしれないです。
作者のこうのさんは同世代の広島生まれ。
私たちの小中学生のときは、必ず平和学習がありました。
なんどもなんども原爆の悲劇を学習しました。
今の小学校にはそういうことはないです。
戦争を知らない子供たちに伝えなきゃいけない命の重さ。
自分の意思とは関係なく命が奪われていったこと。
今は緩やかに流れる川には多くの死体が浮かんでいたこと。
今にぎやかなこの街は草木が生えてこないと言われた土地だということ。
繰り返してはいけないことなのです。
こうのさんのあとがきに書かれていた、参考資料の原爆ドームの写真が年々小さくなっているということには、
少なからずショックを受けました…

ちょっと辛口↓

続きを読む

ぜつぼう 

ぜつぼう ぜつぼう
本谷 有希子 (2006/04/28)
講談社
この商品の詳細を見る

売れなくなった芸人戸越。
あっという間にとりまいていた人間は去っていき人間不信に陥り、不眠の日々が続く。
そんな絶望の淵に建たされた戸越は、公園で変な男に出会う。
そして彼に導かれたかのように、彼の田舎の家に住むことになるのだが、無人のはずの家には女がいた…


暗いんですよ、この戸越。
話せば単語を並べただけのようなもの。
最初のうちは、タイトルが「ぜつぼう」だけに、このうえ何がおこる?と思っておりました。
謎の女シヅミとの出会い、田舎の人々のアバウトさに戸越と同じようにペースを狂わされました。
いやいや彼にとってなによりのリハビリだったのかもしれませんね。
ラストがあいまいなかんじで、いい意味でとれば暖かく終われてよかったかんじ。
悪い意味でいえばもっとぜつぼうに陥れと思うかんじ。
彼の感じる絶望は、他人から見えれば絶望じゃないのかもしれない。

続きを読む

Amazon インスタントストア 

Amazonインスタントストアっていうのができたみたいで、作ってみました。
いわば架空ショップの店長ですね(笑)
でもこれ結構楽しい!
というかできるなら他人様のショップを覗いてみたいー。
個性が出てくると思うんですよね、コレ。
そうなると自分のショップってなんとつまらんことか(笑)
フフフ、カテゴリ増やしてもうちょっとまともなショップにしてみせますわ。
皆さんも、ぜひ♪

ちなみにコチラ↓bon's memo


いつか王子駅で 

いつか王子駅で いつか王子駅で
堀江 敏幸 (2006/08)
新潮社
この商品の詳細を見る

珈琲を飲むことができる居酒屋「カオリ」で知り合った印鑑職人の正吉さんが忘れていった
お客への届けものに気付き慌てて追いかけたが見失ってしまった…


というところから始まります。
正吉さんは背中に昇り龍があるのですが、主人公の人生の師ともいえる存在なんです。
音信不通となってしまった正吉さんを待つのです。
待っている間にいろいろなことを考え日々を過ごしていくのです。
この主人公のそんな日常をただ書き綴ってあるだけのようにも思えるのですが、
全体的にスローなんです。
でもよくある職業不明のゆるゆる系の話とはちょっと違うかんじなのです。
うーん感想が難しいです。
正直なところ競馬の話とか古書の話にはついていけなかったです。
「スーホの白い馬」くらいしかわからんかった。
なんだか主人公の考え事の世界に入り込んだかんじですよね。
考えてる本人には思考と思考が繋がっているのですが、ハタから見ると突飛なかんじ。
でもその中に入り込んでるから、自然の流れでその緩やかな世界に違和感ないかんじでした。
このゆるい世界でただ一人駆け抜けてるなぁと思ったのが中学生の咲ちゃん。
彼女の存在はまぶしいですね。

続きを読む

愚者と愚者  下巻 

愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ 愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ
打海 文三 (2006/09/26)
角川書店
この商品の詳細を見る

<我らの祖国><黒い旅団><社会正義党>は「女嫌い」ということで一致した政策を持ち勢力を増していく。
それを受けて椿子率いる「パンプキン・ガールズ」は、次々と襲われ事業を縮小、撤退せざるをえなかった…


愚かです。ほんとに愚かです。
誰が誰のために行ってるんですかね、この戦争。と言いたくなります。
終わらないよなぁ…
今回も戦闘が激しく、情勢がどんどん変わっていきます。
それを理解するのもたいへん。
ジェンダー問題も深く絡んできて、ますます混沌としてきました。
仲間も死んでいくのが、悲しいです。
皆生き抜いて欲しいです。
早くも続きが気になります。

続きを読む

ゆれる 

ゆれる ゆれる
西川 美和 (2006/06)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

母の1周忌で故郷に帰ってきたカメラマンの猛。
猛は父とは折り合いが悪く、その間を取り持ってくれるのが、実家のガソリンスタンドを継いだ兄稔だ。
翌日ガソリンスタンドの従業員で幼馴染の智恵子と兄弟で蓮見渓谷に出かけるのだが、吊橋の上で
事件が起こってしまう…


2日にかけて読んだのですが、1日目に読んだ部分ではすべての登場人物が嫌いでなんとなくイヤな感じでした。
家業を継いだものの、なんの面白みのない生活を送り弟の活躍を喜んでいるように見える稔。
自分の気持ちを押し殺してへりくだっているとこが苦手。
故郷を捨て自分勝手に暮らしているが、安定した暮らしの兄に嫉妬を起こしてる猛。
男としての身勝手さがかなり苦手。
怒り散らし自分の我を通そうとする父も苦手。
境遇に同情するが、流れに身を任せて生きる智恵子も苦手。
弁護士の叔父!トシのわりに軽くないですか?苦手。
兄弟、親子の確執だけならともかく、父と叔父にも確執があるんですよ。
田舎暮らしがそんなにみじめか。
東京から車で帰ってこれる距離じゃないか。
なんて思いながら読んだのが1日目でした。
ところが2日目からは、俄然面白くなってくる。
おぉ、読まれた皆さんが言うザワザワ感ってこれだったのね。
心の奥底に眠る思いを曝け出し、兄弟の立場が心理的に逆転してくるところが絶妙で、
ザワザワさせられるんですよ。
田舎・家族に囚われていたのは、じつは稔じゃなかったのかもしれませんね。
血の繋がりのない第三者の岡島洋平が、重要なポイントになるのも皮肉です。

続きを読む

愚者と愚者 上巻 

愚者と愚者 (上) 野蛮な飢えた神々の叛乱 愚者と愚者 (上) 野蛮な飢えた神々の叛乱
打海 文三 (2006/09/26)
角川書店
この商品の詳細を見る

孤児部隊の司令官の佐々木海人大佐。
孤児として戦争に巻き込まれた彼は、戦争から降りることができない立場となっていた。
シティでの選挙の成功が、戦争終結への第一歩と考える常陸軍たちに反発する勢力が出てくる。
それは供にシティを守るために戦ってきた仲間たち。
報復による報復の連鎖が繰り返され、常陸軍内部でもゲイ兵士への虐待事件が発覚し流れが
大きく変わっていく。
<我らの祖国><黒い旅団>など新たな敵も現れ、ますます混乱を極めていく…


カイトはいい男だ。
部下や仲間、上司、彼に出会う人のほとんどが彼に魅了されていく。
前線で命のかけて戦っていた頃と違い、司令官として守られる立場となったカイト、いくぶん余裕が
あるようにも思えるけどやはり彼にかかってくる重圧は相当なものだ。
何があっても孤児部隊は自分が守るという彼の気持ちが痛々しい。
何度も繰り返され語られる土浦での戦いの六人、この六人の友情は責任ある立場になっても
揺ぎ無いもので、思い出すと泣けてくる。
明日命を失うかもしれない生活をこの六人は生き抜くことを目標に戦ってきたのだ。
今も前線で戦う兵士たちは、こういう思いをしている者たちがいる。
戦争が終わらない限り続くのだ。
カイト、負けるな。
それにしても戦況が見えない状態になってきてます。
昨日まで仲間であった者が敵となったり、他都市の勢力が攻め入ってきたりと展開が早いのです。
すべてを制圧できる日はくるのでしょうか…
カイトが戦争から降りることはできるのでしょうか…
無学だった少年がすっかり大人になってしまい淋しい気もしますが、たくましくなったカイトをまだまだ
見ていきたいです。

綺譚集 

綺譚集 綺譚集
津原 泰水 (2004/08)
集英社
この商品の詳細を見る

怖ろしく耽美な話がぎゅっと詰まった短編集です。
タイムリーと言ってはいけないのですが、いじめを扱った「夜のジャミラ」が
1番怖かった。夜に読んだし。
いくつかの話の中に死んだことを受け入れることができないの者たちがいたのですが、
ほんに怖ろしいことです。
死んでもなお苦しみを背負わなければいけないなんて。
この世にはあの世にいけない魂が数多の数漂っているのかもしれないですね。
それにしても普通の世界からいきなり不条理な歪んだ世界にかわるのがスムーズで、
不思議な感覚でした。
狂気は紙一重のところに潜んでいるのですね。
語り口調の文章が美しいです。
血まみれだろうが、腐っていようがその美しさを受け入れてる自分も怖いです。
津原世界に引き込まれちゃうんですねー。

続きを読む

裸者と裸者 下巻 

裸者と裸者〈下〉邪悪な許しがたい異端の 裸者と裸者〈下〉邪悪な許しがたい異端の
打海 文三 (2004/10)
角川書店
この商品の詳細を見る

上巻とかわって双子の孤児月田桜子、椿子の視点から描かれてます。
両親の離婚により、母の実家で母と祖父母と暮らしていた月田姉妹。
十四歳の時に内戦により家族を失い、少年兵だった海人と出会い3人で戦地から逃れるのです。
その時から海人とはお互い助け合う仲。
下巻ではトラックドライバーになった姉妹ですが、死体を無残に扱う兵士に逆らったことからいざこざが起こり
指名手配となってしまい、政府の手が及ばない九竜シティに逃げ込むとこから始まります。
そして女の子によるマフィア「パンプキン・ガールズ」を結成。
新たな勢力として内戦に加わっていくのです。
上巻の無学な孤児の話からすれば、ちょっと下巻に感情移入するところは減ってしまいます。
海人も分別のある軍人になってるし。
「パンプキン・ガールズ」も、理解しがたいところもあるんですよ。
吐き出し口のない欲望を抱えこんでいたものを放出してるんでしょうか。
桜子、椿子じゃなかったら、あまり魅力のある組織じゃないかも。
それにしても今回はいろいろな組織の利権が絡んでより複雑な世界になっております。
人種差別に性差別、利権争いに戦争で儲けているヤツ。
なかなか戦争は終わらないです。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。