スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刹那に似てせつなく 

4334736130刹那に似てせつなく
唯川 恵

光文社 2004-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

並木響子娘の復讐のために、名前も年齢も偽り掃除婦として潜り込んだ会社の副社長を殺した。
立ち尽くす響子の手を引き、若い女が逃亡を手伝う。
なぜ?見も知らぬ二人なのに…

「ぼんくら」を半月かけて読んだのですが、これは寝る前に読み始め読み終えてしまいました。
(それなのに今頃感想UP?)
そのくらいすらすら読めてしまいます。
サスペンスの要素が強いからなのかな。
ただ、登場人物は私的にはNG…
響子にしてももっと強い憎しみを出して欲しかったし、響子を助けたユミの欲しいものがあるから自分を犠牲にしてお金を得ようとすることに引いてしまいました。

続きを読む

スポンサーサイト

ぼんくら 

4062100886ぼんくら
宮部 みゆき

講談社 2000-04
売り上げランキング : 121,721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

再読です。落ち着く先をなんとなく覚えているせいか最初に読んだときのワクワク感は減ってます。
でもやはり面白かった。
誰もが振り向く美少年弓之助となんでも覚えてしまうおでこがいいですねー。
もちろん同心の平四郎も煮売り屋のお徳もね、人柄があったかくて好きです。
鉄瓶長屋で起こった事件をきっかけに、それまでの差配人が出て行き新しく来たのは若い佐吉。しかしくしの歯がかけていくように、空き家になっていく…
なぜ地主の湊屋は、若い差配人をたてたのか?なぜ店子が出て行ったのか?
ミステリー仕立てで物語は進んでいくのですが登場人物が面白く、どこかほっこりしてしまう。
結末はちょっと淋しいものなんだけど。

続きを読む

低迷中… 

相変わらす低迷中です。
さて今まで自分の中での決まりごととして、HPメイン、お次がブログという位置づけだったのですが、こうも停滞してしまうと共倒れになってしまいそうで、ちょっと考えてます。
感想もHPにUPしてからブログという形をとっていたのです。
でもなー、どっちも更新できないよなぁーと悩んだ末、とりあえずブログに感想をUPしていこうかなぁと思ってます。
HPの感想とブログの感想はちょっと変えてたんだけど、もしかしたらそのままコピペというパターンも…
こういうのってちょっとねぇと思ってたんだけど…共倒れよりはいいかなぁ。
まぁ私の感想なんて備忘録のようなもんだから、まっいっか。
ということで、ちょこちょこブログ更新、たまにHP更新ということになると思います。

えーっ、ぼちぼちと本読みも頑張ろうと思ってますので皆さん忘れないで下さーい!

久しぶりです 

今月になってやっと1冊読み終えました…
宮部さんの「ぼんくら」
しかも再読なのに、なぜこんなに時間がかかったのか?
すっかり読書スランプです。
でも、まぁこんなときもあるさとぼちぼちペースでがんばります。
感想は後日UPします。
さぁ次は何を読もうかしら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。