スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸 BEST3! 

恩田さんは今のところ12作品読んでますが、いかんせん作品数が多い!
まだまだ重要な作品を読んでないのに「My Best Books!」に期限ギリギリとなってしまったので投票します。

1位「光の帝国 常野物語」
光の帝国―常野物語








不思議な能力を持ちながらもひっそりと暮らす常野一族がいつまでも心に残ってます。
続編の「蒲公英草紙」も早く読みたいところです。


2位 「ユージニア」
ユージニア









最近読んだのもあって結構気にいってます。
ざわっとした不安がなんともいえず、結末のあいまいささえもよかったです。


3位「夜のピクニック」
夜のピクニック









ただ歩くだけなのにこんなに深い物語になってしまうんですよね。
高校生たちも魅力的。



次点
「ドミノ」
ドミノ 



笑いました!面白さではNO.1です。


「ねじの回転」
ねじの回転―FEBRUARY MOMENT



これは難しく頭がこんがらがってしまったのですが、その発想力にただただ感心するばかりでした。


続きを読む

スポンサーサイト

球形の季節 

4101234124球形の季節
恩田 陸

新潮社 1999-01
売り上げランキング : 12,224

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前半は高校生たちが、謎を追っていくというもので、そこに恋愛や友情や大人になる前の微妙な心が描かれていて懐かしい気持ちだったのですが後半になると東北の田舎町の情景と次々に起こる不思議な事件が妙な雰囲気をかもしだしてざわっと不安になってしまいました。
ホラーっぽかったりするんですよね…
恩田さんは最初に読んだのが『月の裏側』で、これがどうも苦手だったのです。
その雰囲気と似てるんですよー。
でも今回は高校生たちに救われたような気がします。
未来があるようなかんじだったからでしょうか?

続きを読む

犬はどこだ 

4488017185犬はどこだ
米澤 穂信

東京創元社 2005-07-21
売り上げランキング : 3,269

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今までの米澤さんとは違って、ちょっとブラック風味。
といってもそこに辿りつくまでは、どこかほのぼのとした心地なのですが…
しかしある場所でのトラブルが大きな原因となってるのですが、
実際問題身近であり起こりうることであり、少々寒気がしました。
私が無知なのかもしれないですね。
そういう最先端の技術と古文書の組み合わせがなんとも不思議ですよね。

続きを読む

今日の読了本と次読み本 

「竜馬がゆく 4」を読み終えましたー。
志士たちにとっては暗雲の時代です。
言い返せば新撰組にとっては、最盛期なんですよね…
やっぱり幕末は面白い!
視点が違えばこうも違うのですね。
だって、新撰組から見れば、勝海舟なんて悪者ですよね。
竜馬にとっては師匠だものね。
このまま一気に5巻へと言いたいところですが、ここで休憩。
と言いますのもまだ揃えてないのです(笑)

続きを読む

竜馬がゆく 2・3 

4167105683竜馬がゆく〈2〉
司馬 遼太郎

文芸春秋 1998-09
売り上げランキング : 4,925

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2巻の頃の竜馬はなにをしたらいいかまだわからず土佐で準備期間。
武市半平太は着々と志士を集め、勤王党を結成していく。
そして邪魔者の吉田東洋を斬る。
竜馬の思いとは、まったく違う方向に向かってしまうのだ。
竜馬はどういう思いだったのだろう。
そして土佐に見切りをつけた竜馬は脱藩する。
脱藩と東洋殺しの疑いをかけられ藩から追われる竜馬は江戸に向い
そこで勝海舟と出会う。
これが大きな転換。
この勝も変わってる。竜馬とは師弟というより仲間として気があったんだろうな。
それにしてもどうしてここまで人を惹きつけるんだろう。
敵も味方もいつのまにか竜馬に魅了されている。
海軍という大きな目標を抱いた竜馬。
人はそれを理解できないかもしれないが、日本のためにやろうとする竜馬がかっこいい。
頑張れー。

続きを読む

帰ってきましたー 

昨日なんとか帰ってきました。
このお盆の間に読了本は…

「竜馬がゆく 2・3」です。

もっと読む予定だったんですがねー。
意外と忙しかった。
やっぱり嫁には休みはないですね。

帰省します 

明日より15日までダンナの実家に帰省します。
時間がどれたらしっかり「竜馬」読んできます。
お盆休みの皆様ごゆるりと。
休みなんかないわいという皆様、がんばってくださいませ。
では行ってまいります。

欲しい本 

459404896Xスタイル
ファン シネ

扶桑社 2005-03
売り上げランキング : 715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出た当初から読んでみたかった本です。
なかなか見つからず先日本屋で発見、立ち読みしてきました。
欲しいです…
韓国の女優さんファンシネの写真集なのですが、驚くことなかれ彼女は42歳なんですよー。
それなのに、なんちゅうスタイルのよさなんじゃ!
で、彼女のやってるエクササイズや普段気をつけてることが満載されてます。
やっぱり努力しなきゃいけないんですよね。
立ち読みだけじゃわからないので、やっぱり欲しいなぁー。

竜馬がゆく 1 

4167105675竜馬がゆく〈1〉
司馬 遼太郎

文芸春秋 1998-09
売り上げランキング : 9,417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前から読みたかったのですが、その長さに尻込みしてずっと積んでいた
「竜馬がゆく」にとうとう手を出してしまいました。
でも手を出してよかったー。
この1巻ではまだのほほんとしている竜馬ですが、それでもその魅力に惹かれてしまいます。
これで熱く日本のために駆け回る頃になったら…
楽しみですな。
竜馬を取り巻くおなご衆もとってもかわいい。
さな子のすねたり喜んだりしてる姿はほんまかわいいー。
北原さんの「埋もれ火」の中にも、さな子は出てくるのですが、
一生一途に竜馬を思い続けるんですよね。
それと土佐藩家老の娘のお田鶴さま。
このお方も賢くそしてかわいい方です。
こんな方たちに愛される竜馬って…ほんま魅力的な男です。
竜馬と桂小五郎が出会うエピソードが好きです。
自分からスパイと名乗りまんまと情報を探ってしまうなんて。
竜馬の器の大きさを感じます。

これからどうなっていくのかホント楽しみ。

詳しい感想はコチラから。

読んでみたい本 

4062129019子どもはぜんぜん、悪くない。
佐藤 弘道

講談社 2005-04-21
売り上げランキング : 1,955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


育児本や子育て論は正直嫌いなのですが、この本は読んでみたいー。
全国のママさんたちのアイドル弘道お兄さんの本です。
今日TVで「海筋肉王バイキング」っていうのをやってたのですが、
弘道お兄さん親子が出演してたんですよ。
あんまりこういう番組を見ないのだけど、今日はついつい見てしまった(笑)
それにしても子供も小2なのに爽やかでかっこいい。
そして運動神経もすんばらしい。理想の息子だよ。
はぁいいよなぁ、こんな親子。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。