スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥 

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る

村内先生は非常勤の国語の教師。
国語の教師なのに吃音でうまくしゃべれない。
「タ行」と「カ行」と濁音は特につっかえてしまう。
うまくしゃべれないから「大切なこと」しかしゃべらない。
心に問題を抱えている生徒達に「ひとりぼっちじゃない」ことを伝えるために…

中学生という繊細で微妙な年頃の少年少女たちが語りかけてきます。誰も自分を理解してくれないのではという心の叫びにも似た気持ちを。
その小さなシグナルを見落としがちな大人たち。でも村内先生はそばにいて大切なことを伝えてくれるのです。
どの話もうまくしゃべれない先生の言葉が心に響きました。印象的だったのは「静かな楽隊」
中学受験に失敗し公立中学に通うあやちゃんはクラスの女子の中心人物。彼女はとても意地悪です。中学生ってこんなに残酷なのね。
仲良しの輪からはずれないように、と思っても平気でそれを踏みにじってしまう。
トゲのある言い方しか出来なかったり、相手を追い詰めてみたり。
先生は伝えることが出来たのでしょうか…
こんな先生がいてくれたら…と読まれた多くの人は思うでしょう。
現実はどうでしょうか?ここに登場してくる大多数の生徒のように先生の吃音を恥ずかしく思い困ってしまうのではないでしょうか?保護者も授業の進み具合を心配するのではないでしょうか?
先生の伝えてくれる「大切なこと」はすぐには伝わらないのかもしれません。
だけどきっと先生を必要としている先生はいるのです。先生によって救われる生徒は必ずいるはず。
最後の「カッコウの卵」では先生の教え子だったてっちゃんが先生を見かけ慕ってきてくれます。
先生嬉しかっただろうな…

重松さんは苦手です。嫌いじゃないのです。リアルで痛いのが苦手なんです。
きゅーっと胸が痛んでしまうのです。
この本もきっと子供が楽しく学校に行くことが出来てなかったら読めたかどうだか…
無事に読み終えたので、他にも重松作品を手に取ってみようと思ってます。

スポンサーサイト

くちぶえ番長 

くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10) くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)
重松 清 (2007/06)
新潮社
この商品の詳細を見る

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。
転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはびっくり。
でも、小さい頃にお父さんを亡くしたマコトは、誰よりも強く、優しく、友だち思いで、
頼りになるやつだったんだ―。


雑誌「小学四年生」に掲載されたものに、書き下ろしを加え文庫されたそうです。
夏休みの宿題の読書感想文に頭を抱えていた娘に、「読め」と差し出したのがこの本。
嫌々読み始めていたのに、いつのまにか入り込んでいる。
そして無事に感想文を書き終えたようです。
私が薦めた本を読み終えることは、めずらしい。
娘が読んでいる合間に、私も読んでみる。小学生にむけられたものだけど、やっぱキュンと
きてしまった。
登場人物たちがかわいくてどこかなつかしく、生き生きと走り回ってるのです。
最初は自分がいじめられてしまうんじゃないかと弱い者いじめを見て見ぬふりをしていた
ツヨシも、マコトに影響され強い男の子になっていくんです。
マコトは明るく正義感あふれる女の子なんですが、家庭の事情を抱えていて自由に
遊ぶことができないのですが、不満なんて感じさせないんです。
それだけ家族が大好きなんでしょうね。
マコトとツヨシのお父さん同士も幼馴染で、そのへんもキュンとさせられてしまうんです。
小学生向けとはいえ、やはり重松さんだなぁ…

いつも言うのですが重松さんはリアルなところがあって、グサリとやられてしまい
苦手なところがあるんです。
家族が抱えるリアルな問題(いじめとか、死とか)が、痛いんです。
でもそろそろ読みたい頃。この本を手始めに読んでいこうかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。