スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅盤! 

紅盤(初回限定盤)(DVD付) 紅盤(初回限定盤)(DVD付)
斉藤和義 (2007/03/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


こちらでもUP!本と関係アリなのですよ、今回は。
なんと伊坂幸太郎氏とコラボ。

「伊坂幸太郎がこのアルバムの為に書き下ろされた短編小説「アイネクライネ」を元に斉藤和義が
制作した作品。
伊坂幸太郎短編小説「アイネクライネ」はpapyrus[パピルス](幻冬舎)の最新号(11号)に掲載されて
います」

気になりますね~。
でもどこで接点があったんですかねぇ。

ココで視聴できます→紅盤

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます! 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
昨年は絶不調の1年でしたが、後半なんとか読書ペースを取り戻すことができ
このままの調子でこの1年も読書を楽しめたらいいなと思ってます。
今年の目標としましては

・まず100冊は読もう!
・翻訳モノを読む
・新書にも挑戦

今年も幅広い読書ができればと思ってます。
いろいろな人のオススメ本をアンテナを張り巡らしてチェックしなければ!
ぜひと思われる本がありましたら、教えてくださいね。

続きを読む

Amazon インスタントストア 

Amazonインスタントストアっていうのができたみたいで、作ってみました。
いわば架空ショップの店長ですね(笑)
でもこれ結構楽しい!
というかできるなら他人様のショップを覗いてみたいー。
個性が出てくると思うんですよね、コレ。
そうなると自分のショップってなんとつまらんことか(笑)
フフフ、カテゴリ増やしてもうちょっとまともなショップにしてみせますわ。
皆さんも、ぜひ♪

ちなみにコチラ↓bon's memo


本を読む人々。 

「本を読む女。改訂版」のざれこさんが作られた本好きの人のためのSNS。
こちらに最近登録しました。
基本的にはmixiと同じ。
でも、参加してるのは本好きさんばかりです。
ここが結構楽しい。
仕事中に入り浸りになってます…

紹介制じゃないので誰でも登録できるみたいです。

「本を読む人々。」

ぎょ! 

今日のカウンター見てびっくり。
いつも閑古鳥ブログなのに、なぜ?
と検索ワード見たらコレ↓ですね。

死亡推定時刻 死亡推定時刻
朔 立木 (2004/07/21)
光文社
この商品の詳細を見る

マツケンと吉岡君とでドラマしてましたね。
私も見てました。
なかなかキャストはいいとこついてませんか。
ただ私は前半の緊迫感あふれる誘拐劇や理不尽な取調べのとこが少なくて物足りない気もしました。
小林の母さんにも登場して欲しかった。
だって小林の無念さが半減してしまうじゃないですか。
兄弟の確執に焦点をあてたかったのでしょうか?
でもやはり純粋な少女が殺されてしまうのには、モヤモヤ感が残りますね。
大人の犠牲になってしまったのは、本当にかわいそうですね。
親として守りたい気持ちが痛いです。

それにしてもリンメイ先生、イメージにあってますね。
また、テレビでもお会いしたいです、リンメイ先生。

久々に 

テンプレートを変えてみました。
ホントは違うテンプレートにしたかったのですが、どうしてもツリー化ができなかったり、スクロールバーができなかったりしたので、最初からツリー化してあるテンプレートに。
しかしよく見ればツリー化じゃないのよね。
いろいろいじってると、なるほどプラグインなわけね。
最初に手がけたときはなかったもんねー。
ということは、あきらめたテンプレートでもできたかもしれないわけね。
まぁ、今回はこれでOKということで。
しかし仕事中になにをやってんだか…


えー、なんとかツリー化できました。
やりたかったテンプレートも、やってみたんですがどうもうまくいかないので、しばらくはこのままです。
カテゴリーもツリー化したいんだけど、わからないです…
たとえば、あ行の作家の下に作家名をツリー化してきたいんですけど…
でもひさしぶりにブログをいじると楽しいです(笑)

わーい、カテゴリーのツリー化もできました!
今度はカテゴリーの整理だわ。
はぁ~なにやってんだ私…

たまにはこういう本も 


shortさんのブログで紹介されていたこの本。
早速図書館で借りてきました。
ただひたすら窓!
でもね、これがいい味出してるんですよ。
新しい窓はほとんどないです。
生活と共に時代を歩いてきた窓ばかりです。
窓枠と壁との色の組み合わせもステキです。
こういうのホント好きです。
小さい本なのもいいですね。
そしてもう1冊。
世界の窓世界の窓
ベルンハルトM.シュミッド

ピエ・ブックス 2006-01-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本の路地裏100日本の路地裏100
佐藤 秀明

ピエブックス 2005-03
売り上げランキング : 281,391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本情緒溢れる路地裏もあれば、四季折々の美しい路地裏。
そしてゴミ箱が並ぶ生活感あふれる路地裏、ネオンがきらめく路地裏。
どれもが美しい路地裏なのです。
路地というのは細くて、先がわからないところが魅力ですよね。
ここをぬければどこにたどりつく?
迷路のような路地が好きです。
できたらこの写真の場所たちを訪れてみたいです。
観光名所とは違う名もない地に…

続きを読む

あけましておめでとうございます! 

昨年はいろいろお世話になりました。
今年もよろしくおねがいします♪

さて本読みのほうがすっかり減速してしまいましたが、今年は頑張ります!
いつもならよかった本を選んでたりしてたのに、とうとう昨年はできませんでした。
いろいろな人の昨年のベストを参考にさせてもらって今年は読みますよぉー。気合だー!
とりあえずは読みかけの「破裂」を読了しなきゃ。
でもこの登場人物たちが、誰一人として感情移入できない…
医者ってこうなの?

今年読みたいのは、ワクワクするような本。
楽しく笑い飛ばせるような本。
途中で投げてる竜馬。
昨年たくさん読むはずだったハハキギさま。
さてどれだけ読めるかしら…
なにはともあれ今年もよろしくお願いします。

泣く泣く返却… 

「日暮らし」を下巻の半分まで読んでいたのですが、返却期限がきてしまい、その上次に予約が入っていらしく図書館より連絡があり、なくなく返却してきました。
前半が短編のようなかんじだったのでペースが上がらなかったんですよね。
上巻の終わりから、佐吉に降りかかる災難にわーっと思い盛り上がっていたのに残念です。
人気の本だからなかなかめぐり合えないだろうな。
予約して帰ればよかったかしら(笑)

低迷中… 

相変わらす低迷中です。
さて今まで自分の中での決まりごととして、HPメイン、お次がブログという位置づけだったのですが、こうも停滞してしまうと共倒れになってしまいそうで、ちょっと考えてます。
感想もHPにUPしてからブログという形をとっていたのです。
でもなー、どっちも更新できないよなぁーと悩んだ末、とりあえずブログに感想をUPしていこうかなぁと思ってます。
HPの感想とブログの感想はちょっと変えてたんだけど、もしかしたらそのままコピペというパターンも…
こういうのってちょっとねぇと思ってたんだけど…共倒れよりはいいかなぁ。
まぁ私の感想なんて備忘録のようなもんだから、まっいっか。
ということで、ちょこちょこブログ更新、たまにHP更新ということになると思います。

えーっ、ぼちぼちと本読みも頑張ろうと思ってますので皆さん忘れないで下さーい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。