スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥 

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る

村内先生は非常勤の国語の教師。
国語の教師なのに吃音でうまくしゃべれない。
「タ行」と「カ行」と濁音は特につっかえてしまう。
うまくしゃべれないから「大切なこと」しかしゃべらない。
心に問題を抱えている生徒達に「ひとりぼっちじゃない」ことを伝えるために…

中学生という繊細で微妙な年頃の少年少女たちが語りかけてきます。誰も自分を理解してくれないのではという心の叫びにも似た気持ちを。
その小さなシグナルを見落としがちな大人たち。でも村内先生はそばにいて大切なことを伝えてくれるのです。
どの話もうまくしゃべれない先生の言葉が心に響きました。印象的だったのは「静かな楽隊」
中学受験に失敗し公立中学に通うあやちゃんはクラスの女子の中心人物。彼女はとても意地悪です。中学生ってこんなに残酷なのね。
仲良しの輪からはずれないように、と思っても平気でそれを踏みにじってしまう。
トゲのある言い方しか出来なかったり、相手を追い詰めてみたり。
先生は伝えることが出来たのでしょうか…
こんな先生がいてくれたら…と読まれた多くの人は思うでしょう。
現実はどうでしょうか?ここに登場してくる大多数の生徒のように先生の吃音を恥ずかしく思い困ってしまうのではないでしょうか?保護者も授業の進み具合を心配するのではないでしょうか?
先生の伝えてくれる「大切なこと」はすぐには伝わらないのかもしれません。
だけどきっと先生を必要としている先生はいるのです。先生によって救われる生徒は必ずいるはず。
最後の「カッコウの卵」では先生の教え子だったてっちゃんが先生を見かけ慕ってきてくれます。
先生嬉しかっただろうな…

重松さんは苦手です。嫌いじゃないのです。リアルで痛いのが苦手なんです。
きゅーっと胸が痛んでしまうのです。
この本もきっと子供が楽しく学校に行くことが出来てなかったら読めたかどうだか…
無事に読み終えたので、他にも重松作品を手に取ってみようと思ってます。

スポンサーサイト

最後の将軍―徳川慶喜 

最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)
(1997/07)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


こちらは再読。大河ドラマ「篤姫」では悪役のイメージとなってしまってるので、どうだったかなと読み直してみました。
慶喜は本当にまわりの期待が高すぎたんですね。
幕末ですから外国から攻めてこられるわ、しかし幕府を守らねばいけないし、諸藩の統率はとれなくなってくるしで、この慶喜なら徳川を救ってくれると子供のうちからまわりが持ち上げてしまうんです。
それなのに大奥からは水戸の息子と嫌われ、幕臣からも嫌われ、とにかく嫌われてしまいなにも出来ないんですよ。
まぁ江戸のお城の中では世の中で何が起こってるかなんてわからないですよね。
自分の生活が一番ですものね。
負け将軍となってしまうわけですが、時代が変わっていれば名君だったのかもしれないです。

さて、ここでは薩摩が悪役です。天璋院だって愚かに描かれてます。
歴史とはいろいろな視点でみるとまったく違ったものになりますね。
ということで新たな史実を知れば、また読み返してみるとたいへん面白いです。

ザ・ピルグリム 


島村 洋子 ザ・ピルグリム







一生のうちでやってみたいことのひとつが、お遍路さんです。
父親が信仰深い人で小さい頃の家族旅行は四国が多く、お寺にもずいぶんまわりました。
そのせいかたいして信仰もないくせにお寺が好きだったりします。
何の気になしに手の取ったこの本、お遍路さんの話だったんです。
でもシビアなものではなく、すごくコミカルでそれでいていろんな問題が次々現れてドタバタ劇さながらなんです。
まず登場してくるのが問題児扱いされてる小学生。一人でお遍路バスツアーに参加させられるんです。
順調にまわっていくのですが、なぜか海岸にキリンを見つけてしまう。
なぜこんなところにキリン!?と彼はバスツアーから抜けてしまうのです…
このキリンをめぐっていろんな人々が関わってくるのです。こんなに上手くいくもんかとも思うんだけど
テンポがよく面白い。
この小学生のぐっと成長していく姿に、いつか自分も子離れするときがくるんかなと親としては
淋しかったりします。

それにしてもこんなに四国の人はお遍路さんに親切なんですか?
あーいつか自分にもっと自由な時間ができたら、少しずつでも八十八箇所めぐってみたいです。

新選組血風録 

新選組血風録 (角川文庫)新選組血風録 (角川文庫)
(2003/11)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


新撰組ものにはまっていた時に手に入れた本なのですが、とぎれとぎれに読んでしまい
かれこれ何年がかりで読んだものか…
新撰組隊士たちの短編ですが、どちらかといえば中心人物ではなく下の立場の隊士たちの話です。
それだけに近藤、土方の恐怖支配が感じられます。
なにかあればすぐに斬られてしまうんです。なんのために新撰組に入ったんだろう?と首をかしげてしまうことも。
だけど試衛館の仲間に対する思いは深いですよね。
行く末を知っているからこそなんだろうけど沖田へのいたわりは読んでいてもうるっときました。

新撰組ものを読んでいるとやはりNHKの大河ドラマでのイメージで読んでしまいます。
キャストもそのまま。

続きを読む

ししゃも 

ししゃも ししゃも
仙川 環 (2007/07)
祥伝社
この商品の詳細を見る


東京の商社をリストラされた恭子は故郷の北海道に帰る。
田舎の小さな町は寂れていた。
ふとしたことで水産試験場を見学した恭子はそこで虹色に輝くししゃもを見つける。
このししゃもで町おこしができないかと恭子は奔走する…

まずは恭子に嫌な印象を受けてしまった。傲慢なやりかたなのですよ。
自分がこの町を建て直すというか、自分が手柄をたてたいというか。
じゃ、町の人はどうなのか?って思ってしまうのですよね。
話が進むにつれ恭子にも変化が訪れてくれるのが、救いでした。
小さな町だからこそ和が大切なんですよね。
この虹色ししゃもの開発者池野をめぐるミステリーが絡んでくるのですが、私的には物足りなさが。
うーん、そんなのアリなのかしら。身勝手さを感じます。
それにしてもししゃもですか~。北海道の本物のししゃもは食べたことないです。
そんなに魅力的なのですね。食べてみたいな。

国盗り物語  第4巻 

国盗り物語(第4巻)改版







いよいよ最終巻です。
信長編となってますが、光秀編といってもいいです。光秀から見た信長です。
流浪の身だった光秀は義昭将軍を立てるべく信長の配下となり、秀吉と肩を並べるほどになります。
しかし信長は暴君だった。
歴史上の人物で誰が好きかというアンケートには必ず上位の信長。
叡山を焼き払い、気に入らぬ者はどんどん抹殺したことは、知られていても天下を取った(寸前だけど)
ということはかっこよく見えるんでしょうね。
だけど恐怖の支配なんですよ。独裁者なんです。
いつ自分も殺されるかもしれないという恐怖の上に成り立っている政治なのです。
光秀も最後の決意に至るまで、その恐怖に支配されていたのです。
道三によってその才能を認められた二人がこういう運命をたどるとは…

それにしても面白かったなぁ「国盗り物語」
やはり道三編のほうがよかった。妙覚寺と常在寺はチェック。いつか訪ねてみたいです。

国盗り物語 第3巻 

国盗り物語(第3巻)改版







とうとう美濃の斉藤道三も最後を迎えてしまいます。討つのは息子の義竜。
道三も死を覚悟し、娘婿の信長も援軍を送るのですがどうにもならず…
ここは涙です。
道三がもう少し後に生まれていたならば。武家の跡取りとして生まれていたならば。
天下は変わっていたのかもしれないです。
娘婿の信長同様、道三がその才能を認めていた男が道三の死によって流浪の旅に出ます。
そう明智光秀です。道三の家来で、可愛がられていたのです。
光秀がどうして信長の家来となるのか…
信長はどうやって覇者となるのか…4巻へと続きます。

国盗り物語 第2巻 

国盗り物語(第2巻)改版






斉藤道三こと山崎屋庄九郎は、京では油屋の主、美濃では天下を狙っている蝮の道三。
だんだんとこの庄九郎に惹かれてきます。とにかく動く。
自分の領地は税の負担を軽くしたり、楽市楽座を設けたり、百姓でもこれはという者は
召抱えたり、今までの武家とは違い下々の者からも慕われていくのです。
この2巻では、ついホロッとしてしまうとこも。
稲葉山に城を作ることになったのですが、庄九郎の思う設計を作れる大工がいない。
敵国尾張に住む大工に頼みに庄九郎自ら行くのです。ここが、男の夢をかなえるというか
同じ思いの同士を探しに行くというか、じーーーんとしてしまうのです。
楽市楽座を設けたために、恨みを買い油屋の女房のお万阿をかどわかされるのですが
それを助けに行くんですよ!
美濃で地位を築いている男が命をかけて行くんです。
それまではお万阿は滅多に会うこともないし、ないがしろにされているようで
可哀相だと思ってたんですが、本当は愛されてたんですね(涙)
司馬先生の描く男は本当に魅力的すぎます。男が憧れる男ですよ。

さて3巻ではいよいよ道三から信長へ、その想いが受け継がれて行きます。


国盗り物語 第1巻 

国盗り物語(第1巻)改版







歴史モードが高まっているうちに、前から読みたかった「国盗り物語」に着手。
1巻は斉藤道三前編。
僧侶であった松波庄九郎は大志を抱き還俗。京の油商奈良屋に目をつけ婿となる。
庄九郎の働きのおかげで奈良屋は繁盛するが、妬まれ取り潰しとなる。
しかし庄九郎の機転で山崎屋として油問屋を再開する。婿ではなく主人として。
そして油問屋を足がかりに、目をつけたのは美濃の国…

斉藤道三の戦国武将としてイメージは豪傑だったのですが、智恵者だったのですね。
一介の商人(しかもそれ以前は乞食同然)だったのに、武家、商家と二足のわらじを履くとは。
言葉巧みにのし上がっていくのですが、誰もそれに刃向かうことが出来ないんですよ。
いつのまにか庄九郎のペースにひきこまれていってるんです。
後編ではいよいよ国を盗りにいきますぞ!

赤朽葉家の伝説 

赤朽葉家の伝説 赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹 (2006/12/28)
東京創元社
この商品の詳細を見る

鳥取県の紅緑村に、辺境の人に置いて行かれた万葉。
子供だった万葉は村の若夫婦に育てられるが、不思議な能力を持っていることに気付く。
製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれる。
そしてその娘の毛毬は、レディースとなり漫画家となっていく…
そして毛毬の娘瞳子は…

感想が難しいなぁ。戦後から今まで3世代の女の人生を描いているのですが、正直なところ
本当に漫画みたい。
シリアスなのかそうでないのか…
千里眼に期待が膨らんでしまい、もうちょっとなにか起こるのかと思ってしまった。
いやこれだけでも充分悲しい千里眼なんだけど。
でもどうして赤朽葉家の奥様タツが万葉を嫁に選んだのかは謎。タツのほうが千里眼だったのか。
ちょうど私は毛毬の妹鞄の世代でして、毛毬の不良世代を目の当たりにして見てました。
そうですね、暴走族です。でもあの頃にはレディースってあったのかな?
微妙な時代のズレを感じつつ、自分の記憶もあいまいだなと思い、毛毬の行く末を見てました。
万葉にしても毛毬にしても、若くて楽しい時代を押し殺して生きたのではないか…
と考えてしまいます。
二人とも幸せだったのかしら…
今を生きる至って普通の瞳子は幸せを手に入れて欲しいですね。
なんせ自由なんですから。
あぁそれにしてもどうまとめていいものやら。
こういうタッチの話には慣れてないです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。