スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ御用帖 

なでしこ御用帖なでしこ御用帖
(2009/10/05)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


斬られ権佐の孫娘お紺は医者の父親を手伝い、患者たちからも「なでしこちゃん」と慕われている。
奉公に出ていた2番目の兄が、大家殺しの下手人として捕まったことから、お紺はその疑いを晴らそうと奔走する…

「斬られ権佐」が死を扱っていただけに涙しながら読んだのですが、今回は主人公がちょっと勝気な女の子ということで安心して読めました。
最後もいい終わり方で後味がよいです。うん、皆幸せになってね。
お紺に縁談が持ち上がるのですが(しかも2件も)、これもお紺らしい選択でした。
こうして権佐の血が受け継がれていくのですね。宇江佐ファンとしては嬉しいかぎりです。
読んでいるうちに権佐のほうを読み返したくなりました…

スポンサーサイト

深川にゃんにゃん横丁 

深川にゃんにゃん横丁深川にゃんにゃん横丁
(2008/09)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


先日の「いいとも」で松尾スズキ氏が猫の話をしていて、猫もしゃべるんだと言っておられました。
そしたらタイミングよくこの本の中でも猫がしゃべるとこが出てくるんですよ。
思わず頭の中を松尾氏の口調で「うみゃいうみゃい、マグロはうみゃい」って駆け巡りましたよ(笑)

とはいえ猫がしゃべる話がメインではないです。江戸深川の小さな横丁、猫が多く住むためにゃんにゃん横丁と呼ばれるとこにある喜兵衛店に住む面々の人情話です。
捕り物のような派手さはないけど穏やか流れるこの江戸の時間が好きです。
猫ってホント不思議な生き物ですよね。人のそばでじっとその人の生き方を見ているのかもしれないですね。



新選組副長助勤 斎藤一 

新選組副長助勤 斎藤一 (学研M文庫)新選組副長助勤 斎藤一 (学研M文庫)
(2002/07)
赤間 倭子

商品詳細を見る

ちょっとドロっとしたものが続いたので、ふと歴史モノが読みたくなり積んでいたのを手に取りました。
斉藤一といえば、大河ドラマのオダギリジョーが目に浮かんできます。寡黙な男というイメージです。
維新以降も生きていた数少ない新撰組の一人です。それがゆえに複雑な余生だったと思います。
幕末モノとしては、さして珍しいエピソードもなかったのですが、この本でも近藤勇って愚鈍な扱いです。ムムム、かっこいい近藤勇の本ってないかしら。

田村はまだか 

田村はまだか田村はまだか
(2008/02/21)
朝倉 かすみ

商品詳細を見る

深夜のバー。小学校クラス会の三次会。四十歳になる男女五人が友を待つ。大雪で列車が遅れ、クラス会同窓会に参加できなかった「田村」を待つ。
田村はまだか?

面白かったです。うん、面白い。
最初はマスターから見ていた5人。一人は常連だけどあとは連れられてきたメンバー。
話が進むうちに一人一人名前がわかっていく。そしていつしかマスターも読んでいる者も田村を待っている。
田村はまだか?
皆を待たせたくなる田村。そんなに人気者だったのかというとそれは違う。
男にだらしない母親と二人暮らし、遠足もおにぎりだけ、いつも虎刈り=貧しい=不幸といった印象づける田村少年。だけど違うのです。そんな田村じゃないのですよ、皆が待ってるのは。

「どうせ死ぬから、今生きているんじゃないか」

と小6で言い放つ田村少年なのですよ。気になる方はお読みくださいませ。かっこいい小6なのですよ。
年下の高校生にほのかな恋心を抱く保健室の先生の話が好き。いつまでたっても女は少女な部分があるんだね。
それにしてもマスターですが、なぜにマスターになったんだろ?そのへんも気になったなー。
いくら会社をやめたからってなぜに?
過酷な運命を背負った田村でしたが後日談に救われ温かい気持ちで読み終えることができました。
いつかどこかでこのバー「チャオ!」のようなところで話を聞いてもらえたらなら…
マスターはなんと書き留めてくれるのでしょうか…

「どうせ死ぬから、今生きているんじゃないか」

頑張らなきゃね。

ゴールデンスランバー 

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


久々の更新です。やっと読めた~(汗)
仙台で首相がパレード中に暗殺され、その犯人にされた男の逃走劇です。
犯人だという確証はないのです。というか明らかに犯人じゃない。でっちあげられたのです。
彼を助ける人々と交差しながら物語りは進んでいきます。
伊坂マジックといいますか、見事にパズルが完成していくのは読んでいてたいへん面白かったです。
ただ、うーん緊迫感ってないよね。もっと汗握る展開のほうが好みかな。スタイリッシュなんだよね。
でも面白いですよ。
あの入院患者のおじさん、いいよなぁ。こういう脇役の人って好き。
たぶんドラマ化されたら主役うんぬんよりもこのおじさんの配役のほうが気になってしまうと思う。

でも知らない間に計画的に犯人にされたり、情報が管理されたり考えただけでも怖いです。
でもありえないとは言い切れないですよね…
結局誰がなんのために起こしたことなんでしょうね…謎は謎のままなのですね。モヤモヤ。

晩鐘 続・泣きの銀次 

晩鐘 続・泣きの銀次晩鐘 続・泣きの銀次
(2007/11/16)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


読んでから少し時間がたってるんですけど…
前作より10年たってます。大店の跡取りだった銀次も10年たつとすっかり状況が変わってます。
2度の火事により店は縮小し、いまじゃ小間物屋になり、4人の子持ちの生活するに精一杯の町人となってます。
十手も返上してるし、冴えないおじさんになってしまってるんですよ。
それがあるかどわかし事件と関わって再び十手を!
読んでいくうちに10年って、いろいろあるんだな…としみじみ思ってしまいます。
女房のお芳もしっかりとおかみさんになってるし。信頼してた者とも疎遠になってるし。
これからの銀次一家に幸せが訪れますようにと思わず願ってしまいます。
まっとうに生きている者には、幸せがこないとね。
こういう続編もアリなんだな。すべてが順調ってわけじゃない。それだからこそ思いいれも強くなるのかもしれない。
ずっと駆け続けて欲しいよ、銀次には。

泣きの銀次(再読) 

泣きの銀次泣きの銀次
(1997/12)
宇江佐 真理

商品詳細を見る

「泣きの銀次」の続編が出てて、図書館で手にとったのだけどもしかしたら設定を忘れてるかもと「泣きの銀次」も借りてきました。
正直言いまして…すっかり忘れてました。
死人を見て泣いてしまう岡っ引きってのは覚えてたんだけどねぇ。

小間物問屋の跡取り息子であった銀次だが、妹をむごい殺され方で亡くし犯人を捕まえるため岡っ引きをなる。
犯人らしき男のめぼしはつくのだけど、手が出せず年月が流れていく…
捕り物としては面白いし、女中のお芳との恋の行くえも気になるところで面白い。
だけど岡っ引きといえども銀次が坊ちゃん育ちなとこがあって、いけすかないとこもあるんですよ。
まわりに支えられてますよね。
この銀次が続編ではどうなってるんだか楽しみ。

4TEEN (再読) 

4TEEN (新潮文庫)4TEEN (新潮文庫)
(2005/11/26)
石田 衣良

商品詳細を見る

新潮文庫の夏の100冊に選ばれてたので、エコバッグ欲しさに購入。
しかしエコバッグ、まだ送ってない~。
最初に読んだときは、東京の下町に住む彼らが新鮮だったのですが、この年頃の子供を持つ親として読むと…どうなんだろ?
ムスメが読むのにいいかと思って再読したんだけど、読めと言えないな。
しかし男の子はこんな風になっちゃううだろうか。親としてはイヤだな~。
この子たち、どっちかっていうと親子関係が希薄なんだよね。別に仲が悪いってわけじゃないんだけど。
一人だけ親子問題が出てくるんだけど、それもなんとも言い難い。
子供だけで大きくなってるんじゃないんだからさ…

とはいえ彼らがもう少し大人になったところも見てみたい。
どんな大人になってんだ?友情は不滅なのか?ぜひぜひ。

傷つきやすくなった世界で 

続いて書いていきますわよ~。なんかbonさん、感想になってないよと思うでしょ。
そうなんです、本は読めども感想まではなかなか書けなくなってしまったんですよ。
なので簡単にメモ程度の感想にさせてくださいね。参考にならなくてごめんなさい~。
私の場合他人様の感想を参考に本選びしてるところがあるんですよね。ホントすみませぬ~。

傷つきやすくなった世界で (日経プレミアシリーズ 2) (日経プレミアシリーズ 2)傷つきやすくなった世界で (日経プレミアシリーズ 2) (日経プレミアシリーズ 2)
(2008/05/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


石田さんのメディアの露出って、他の作家さんに比べたら多いですよね。
「Qさま」にまで出てらっしゃるんだもの。しかも博識なのよね。
で、あの語り口調は結構好きでふむふむと聞き入ってしまいます。内容はほぼ覚えてないけど。
この本もそんなかんじ。でもユニークですよ。
近頃の若い男の子って恋愛が苦手なんだそうです。女の子のほうが積極的。
ナイーブなんですかね。傷つきたくないってのがあるんでしょうね。
そんな恋愛話もあればお子様の話まで。詳しくは書かれてないけど、お子様のこと好きなんだなと感じられます。
お引越しの話も書かれていて、テレビに登場する書斎(仕事場?)のことなのかなと。
スタイリッシュでステキな部屋ですよね。片付けられたあの部屋を見ると、何事にも几帳面なんだろうなと思ってしまいます。
右から左へ流れていきそうな話だったんですけど(きゃーすみません~)、あの語り口調を思い浮かべながら読むと心地のよいものでした。
私もいろんなこと相談してみたいわ。

家日和 

家日和家日和
(2007/04)
奥田 英朗

商品詳細を見る


年またぎで読んだ今年最初の読了本です。
思わずくすりと笑える普通の家庭、夫婦の話。だけどちょっとヒヤリともさせられる。
ネッ友さんにうけていたのが最初の「サニーデイ」。
ネットオークションに出品することにはまってしまう主婦の話。
私はオークションに参加することはあまりないのですが、でも人から褒められることの
嬉しさってわかるよなー。ブログもそうじゃないですか。
まぁ褒められることもそうないけど、いろいろな人と交流できるってのが楽しいんですよね。
最後のロハス夫婦は笑えたなー。これ実体験???
賞をとると作家さんってそんなに違うのね。と、考えたりして。

なんだかんだと問題抱えてる夫婦ばかりなんだけど、どれも最後はいい方向に
向いてるんだよね。
こういう終わりかたって、こちらも頑張ってみなきゃいけないなという気持ちになって
いいですよね。

今年の初読み本は「いい本」でした。こんな風にいいかんじに進む年でありますように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。