スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍びの国 

忍びの国忍びの国
(2008/05)
和田 竜

商品詳細を見る

この本、Amazonの評価が高いんです。そんなに面白かったのかっていうと私には合わなかったようです。
なんせいつまで読んでも誰が主人公だかわかんないんですよ。
最後のほうになって無門だったのかって思ったぐらい。でもあんまり好きじゃないんだよね。
題材自体は面白いと思うのです。信長の息子信雄の軍対伊賀忍者の戦いの話なんです。
伊賀忍者にしても親子といえども、戦いのためには術にかけてしまったり銭のためにはどこまでも汚くなったりと残忍な面を見せてるんです。
だけどどうも盛り上がりにかけるような気がしてね…
やっぱりこういうのは一緒に泣けて戦うって気持ちになりたい気がするのですよ。
まぁ実際下人には戦なんて突然沸き起こって、わけのわからぬまま戦ってるものなんだろうからこういうもんなのかもしれないですね。

そういうわけでイマイチ自分で盛り上がれなかったせいか、時間がかかってしまいました。
たぶんマンガで読むと面白いんだろうな。

スポンサーサイト

のぼうの城 

のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


石田三成の忍城攻めの話です。主人公は三成ではなく攻められるほうの成田長親。
この男、領民からも「でくのぼう」呼ばわりされるほどの冴えない男なのですが、なぜか慕われているのです。
「のぼう様のいうことなら仕方ない、わしらがなんとかしてやらにゃ」ってかんじなんですよ。
部下も一風変わっている者ばかりで、それをまとめれるのぼうは、じつはできるヤツなのかもとも
思わされるのです。
攻められてるのに、なぜか意気揚々としていてるんですよね。
この話、映画になるみたいです。映像化されると面白そうです。

さてこの本を読むときに偶然借りたのがコレ↓



コレ借りるといいですよ。頭の中のイメージで、水攻めとはなんぞやと思ってしまうのですが、こちらには秀吉が行った水攻めのことがわかりやすく描かれてます。
歴史ってイメージできなくて苦手って思うことがあるのですが、私は子供向けの本やこういった映像的な本を読んだりしてイメージを補ってます。
子供向けだったお江戸の本は目からウロコの話も書いてありました。
都市計画的な話だったんですが、日本の中心になるべくしてなった都市だったんですよ。
脱線してしまいましたが、歴史が苦手な方お役立てくださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。