スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶタイヤ 

空飛ぶタイヤ 空飛ぶタイヤ
池井戸 潤 (2006/09/15)
実業之日本社
この商品の詳細を見る

赤松運送のトレーラーのタイヤが外れ、歩いていた母子にぶつかり母親が死亡した。
警察でも整備不良を疑われ、社長の赤松は落ち度がないと自信を持っていたが、製造メーカーの
ホープ自動車からきた事故調査の結果は「整備不良によるもの」だった。
取引き先から仕事を断わられ、メインバンクであった東京ホープ銀行からは融資を断わられ赤松は
窮地に陥る。


面白かったです。厚い本で2段組だったのですが、休むことなく一気読み。
事故原因が自分達のせいではないと、従業員、家族を守るため孤軍奮闘する赤松。
ホープ自動車に再調査を頼むのですがけんもほろろ。
それを対応したのがホープ自動車の販売部の沢田。
しかしそのホープ自動車内にも会社内の権力争いがあり、沢田は赤松の件を利用しようとするのですが
自社のリコール隠しに行き着いてしまうのです。
そしてホープ自動車と同じ財閥グループの東京ホープ銀行。
ここでもホープ自動車への融資をめぐり、問題が起こっているのです。
赤松は何度も壁にぶち当たり、それでも前へ進もうと努力する姿に心打たれます。
決してかっこいいわけじゃないんです。かっこ悪いくらいなんです。
大きな財閥会社の人間から見たら、単なる消費者でしかないし取るに足らない存在なのです。
その小さな力が、動かしていくんです。
その間にも自分の子供たちが通う学校でも、赤松をめぐってひと悶着があり、心悩ませるのです。
親の姿を子供は見ているんだなと思いました。
最後は明るく終わることができ、ほっとできました。
被害者を出した大きな事故。それをうやむやにしようとする大企業の浅はかさ。やりきれないですよね。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。