スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とめはねっ! 

とめはねっ! 1 (1) とめはねっ! 1 (1)
河合 克敏 (2007/05/02)
小学館
この商品の詳細を見る

これはかなりオススメ漫画です!
作者の河合 克敏 さんは私の大好きな柔道マンガ「帯をギュっとね!」の作者さんなのですよ。
柔道はわりとメジャーどころですがそのあとは競艇、「とめはね!」は書道部とマイナーどこをついてます。

帰国子女の大江君がひょんなきっかけから書道部に入るところから始まります。
しかしカナダ帰りとはいえガチャピンのような風貌の大江君、冴えないんです!
ある日柔道部の望月さんによって右手をケガしてしまった大江君のかわりに一時的に望月さんが
書道部に入部。
二人とも初心者なのですが彼らによって読者も書道の魅力にひき込まれていきます。
ちょうど私の住んでいる町が書道教育に力を入れてまして、思いいれの強いマンガとなりそうです。
私から手紙を受け取ったことのある人はウソと思うかもしれないですが、私も習字を習ってました。
しかし習字はなんとかなっても字は上手くはならなかった…
私の子供の頃は競書会など結構あってよく書きに行ってたものです。
今ではそんなに競書会ないのですが、娘は習字道具を学校にしょちゅう持って行くので
学校での授業は他地域に比べたら多いのではないかな。
偶然なのですがこのマンガを読んでいた頃に、娘の書いた作品を担任の先生が選んでくれ
近くの高校の文化祭に展示していただくことになりました。
天狗になった娘はこのマンガも読み、「書道部もいいねぇ」なんぞぬかしております。
でも持って帰った練習の作品を見ると、こんなものが高校生の作品と混じって展示されるなんて…
という思いですわ。娘のクラスには上手い子がたまたまいなかったのかもしれないです。
夏休みの娘の習字の宿題であんなに私に怒られていたのに、少しは成長したのかしら。
今年の夏休みは息子が怒られる予定です…
子供さんがいる方にもオススメです、このマンガ。


スポンサーサイト

百鬼夜行抄 

百鬼夜行抄 (1) 百鬼夜行抄 (1)
今 市子 (1995/09)
朝日ソノラマ
この商品の詳細を見る


ずっと前から気になっていたマンガ。だって絵が美しいんですもの。
たまたま遊びに行った友人の家で見つけ、1~4巻を貸してもらうことに。
これがまた絵も内容も好みのマンガだったのです。
主人公は人には見えないものが見えてしまう高校生律。
小説家であった彼の祖父もまたこの不思議な力を持っていた。
律はこの祖父ゆずりの強い霊力で妖怪たち魔を引き寄せてしまうのだった。
ただ単なる妖モノではなく、そこに描かれるドラマ、人間関係も深いものがあるような気がします。
某ブック○○にて、5~7巻を見つけすぐさま購入。
あーあー続きが気になる~と何軒か古本屋を探したのですが見つけられず。
読めないとわかったら読みたい!!!
とにかく他にも読みたかったマンガが読みたい!!!と某所でつぶやいたのです。
そんな私に救いの手を差し伸べてくださったのが、ネッ友のshortさんです。

続きを読む

Heaven? ご苦楽レストラン 

Heaven? 4 (4) Heaven? 4 (4)
佐々木 倫子 (2005/02/28)
小学館
この商品の詳細を見る

図書館にマンガが置いてあるのですが、いつのまにか種類が増えてるんですよ。
で、借りてみました。
とりあえず1巻と思ったのですが、あまりにも面白いので続きをすぐに借りに行ってしまった(笑)
5.6巻は借りられてました。今度借りるぞ!
佐々木さんといえば「動物のお医者さん」「おたんこナース」が有名ですよね。
「Heaven?」も期待を裏切らず面白いです。
わがままなオーナーに振り回されるスタッフ達という図式はわかってるのに、面白いんですよ。
それにですよ、ここの人たちイケメンなのですよ。
おじいちゃんソムリエの山縣さんまで(笑)
私もオーナーになりたいー。

夕凪の街桜の国 

夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社
この商品の詳細を見る

原爆が落とされて10年後の広島。
復興する街に住む皆実の揺れ動く心…
そして現代、戦争を知らない私たち世代にも戦争が残したものがある…

広島に住む人たちには、血縁に被爆者がいるということは珍しいことではないです。
私の祖母は知り合い・親戚を探すために放射能の残る広島の街に行き被爆しました。
背中におわれていたなにもわからない幼い叔母も。
だけど祖母からあの日の話は聞いたことがないです。
きっと話したくない惨状だったのかもしれないです。
作者のこうのさんは同世代の広島生まれ。
私たちの小中学生のときは、必ず平和学習がありました。
なんどもなんども原爆の悲劇を学習しました。
今の小学校にはそういうことはないです。
戦争を知らない子供たちに伝えなきゃいけない命の重さ。
自分の意思とは関係なく命が奪われていったこと。
今は緩やかに流れる川には多くの死体が浮かんでいたこと。
今にぎやかなこの街は草木が生えてこないと言われた土地だということ。
繰り返してはいけないことなのです。
こうのさんのあとがきに書かれていた、参考資料の原爆ドームの写真が年々小さくなっているということには、
少なからずショックを受けました…

ちょっと辛口↓

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。