スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エ/ン/ジ/ン 

エ/ン/ジ/ンエ/ン/ジ/ン
(2009/02/28)
中島 京子

商品詳細を見る

身に覚えのない幼稚園の同窓会の招待状を受け取った、葛見隆一。仕事と恋人を失い、長い人生の休暇にさしかかった隆一は、会場でミライと出逢う。ミライは、人嫌いだったという父親の行方を捜していた。手がかりは「厭人」「ゴリ」、二つのあだ名だけ。痕跡を追い始めた隆一の前に、次々と不思議な人物が現れる。記憶の彼方から浮かび上がる、父の消えた70年代。キューブリック、ベトナム戦争、米軍住宅、そして、特撮ヒーロー番組“宇宙猿人ゴリ”―。

父を知らずに育ったミライにとって父を知るということは自分の存在を知るということなんだと思う。
知りたいが怖い。怖いが知りたい。
積極的に調べるのは隆一だということからみてもそうなのだろう。
1970年代というのは、今では考えられないエネルギーを持った時代だった。ちょうど私が生まれたのもこのあたり。私の両親が若い頃がこういう時代だったとは思えない。彼らにとってこの時代を生きたということはどういうことだったんだろう…読んでいてふとそう思った。
数少ないキーワードからミライの父を探す過程は、同じく中島さんの「イトウの恋」を思わせる。こちらのほうが登場人物が濃かったせいか、いまひとつ感情移入ができなかったかな。
実際にこの「スペクトルマン」というヒーロー番組はあったのだそうだ。ヒーローものとしては珍しく環境問題を提起させるような番組だったらしい。
どことなく生まれてくる時代が早かったんじゃないかと思われるミライの母と重ね合わせたりして…
いろんな意味で思いがこめられた作品なんだと思う。

スポンサーサイト

ハブテトル ハブテトラン 

ハブテトル ハブテトランハブテトル ハブテトラン
(2008/12)
中島 京子

商品詳細を見る

東京で学級崩壊、無責任な担任のせいで学校に行けなくなってしまった小5のダイスケ。
2学期は祖母が住む福山市の松永の小学校に通うことになる…

ハブテトルとは…備後弁でむくれている、すねている状態のことです。広島でも使います。
この言葉が直接この話に関わっているというより、備後弁丸出しのあったかい人々によってダイスケの心がほぐれていく様子が描かれてます。
広島弁に慣れている私でもカタカナで書かれているとちょっと読みにくいかな。
でもやっぱりご当地ネタが満載で嬉しくなってしまいます。福山のガイドブックにもなるかな。朱華園のラーメンが食べたくなってきます(笑)
中島さんの友人が住まれているようで、毎年福山を訪れているそうです。なので詳しいんですね。
登場人物のなかでもハセガワさんが印象に残った人も多いでしょう。
でもこういうおじさん、今まで意識してなかったけど結構いるような気がします。あぁ昭和の香り…


さて小学生の高学年でも楽しく読める本なのですが、どうせなら子供が読める仕様にして欲しかったですね。
小中学生を持つ母から言わせると、この手の本は子供は手に取らないんですよ。小学生はふりがなや挿絵がないとね…
中学生になればこういう話は読まないんですよね。楽しい話だけにもったいないなー。

平成大家族 

平成大家族平成大家族
(2008/02/05)
中島 京子

商品詳細を見る

72歳の元歯科医・緋田龍太郎が妻の春子、妻の母のタケ、ひきこもりの長男克郎と暮らす家に、
事業が失敗した長女逸子の一家3人、離婚した妊婦の次女友恵が同居することに。
にわか大家族になった緋田家の明日は・・・!?


章ごとに視点が変わっていくリレー方式となってます。
最初は元歯科医・緋田龍太郎。彼の元に次々と娘が帰ってき、家族が増えていくのです。
別棟に暮らす母を母屋に移し、そこに長女一家が入り、子供たちが使っていた部屋に次女が入るのですが、
長女一家の息子は思春期真っ只中、親と川の字で寝るなんて~と、庭の倉庫に駆け込むのです。
しかし普段から龍太郎と不仲の引きこもりの長男がこれまた母屋での居心地が悪くなったと倉庫と
自分の部屋と交換を申しでるのです。といった具合に部屋割りだけでも苦悩が。

そのうえそれぞれにいろんな問題を抱えていて、それが微妙な距離感を生んでいるようで
家族といえども一緒に住むのは、たいへんだなーと思わされます。
一番面白いなと思ったのが長男。彼は引きこもりを続け30も超えてしまった男。
はたから見ると、なにをやっとんじゃ?と思うのですが、彼は彼なりに考えがあってのことなんですよ。
誰にも理解されず不幸なのかと思えば…
もんもんとしたゆるさが中島さんらしく、幸せがぼんやりとやってくるとこがこっちも嬉しくなってしまうほどです。

ラストもにっと笑って終われそうなかんじで、よかったです。知らぬは夫ばかり…なんてね(笑)


FUTON 

FUTON FUTON
中島 京子 (2007/04/13)
講談社
この商品の詳細を見る

日本文学を研究するデイブ・マッコーリーは、教え子である日系の学生エミを追いかけて、
学会に出席するという名目で東京に行く。
エミの祖父の店「ラブウェイ・鶉町店」で待ち伏せするうちに、曾祖父のウメキチを
介護する画家のイズミと知り合う…

デイブが研究しているのは田山花袋の『蒲団』
この主人公である小説家・竹中時雄は、若い女学生芳子を家に下宿させるのですが
芳子には想い人が現れ、すったもんだのあげく郷里に帰ってしまい、芳子の使っていた
蒲団に顔をうずめて泣く話だそうです。
それをデイブが妻の視線から書き直しているというのですが、竹中とデイブが重なるんですよ。
若い女の子に振り回される中年男。
でもいやらしくなく、微笑ましいくらい。みっともなさがかわいらしく感じてしまいます。
エミの曽祖父のウメキチの嘘かまことかの話も、面白い。
実際に現実を生きているのか幻想の中で暮らしてるのか。
でも確かに生きているんですよね。
中島さんらしいゆるい日常が、なんともいえません。
デイブにもウメキチにも幸せが訪れますように。
女どもは勝手に幸せをつかんでいくんだろうな。
『蒲団』も機会があれば読んでみたいけど、読まないだろうなぁ。
きっとデイブ版のほうが、気持ち的にも楽しめるものだものね。

桐畑家の縁談 


桐畑家の縁談

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/国内純文学


小さな頃はいじめられっ子で、地味だと思っていた妹の佳子が「結婚することにした」と言う。
姉の露子は、無職で妹宅の居候であり人生の一休み中ともいえる。
妹の結婚相手というのも台湾からの留学生。
この姉妹の微妙な心の揺れを描いていく…

結婚…なんだか自分の立場が、露子でもなく佳子でもなく彼女達の母親に近づいているのをヒシヒシと感じた。
佳子の結婚に「大丈夫かい?将来はどうすんだい?愛だけじゃやってけないんだよ」と思ってしまう。
まったくなんだい、一抹の淋しさを感じてしまった。
露子の仕事に関してもそう。彼女自身やりたいことをはっきりとした形で見つけられずモンモンとしている姿に
今の自分を重ね合わせてみるものの、彼女とは立場が違い、可能性が残されている人生を羨ましくも思う。
やりたいことってなんだい、自分にできることってなんだい。
迷って迷って自分の思うように生きなさい…と告げたい。
やっぱり母親的立場だよなぁ。
彼女達の大伯父のように快活に暮らしていけたらいいのにな。

ただ…露子の元カレの登場にはいささか引きずるものがあった。
誰も大なり小なりこんな傷を持っているのかもしれない。
自分がバカだったのか、相手がずるかったのか。
決別が彼女を大きくしていくことだろう。
ウー・ミンゾンの優しさにホロリだわ。
言葉が通じなくても大丈夫なものなのかもしれない。
彼らが幸せになれるよう祈ることしかできないのかもしれない。
なんにせよ結婚して互いを思いやって生きていくのは彼らなんだから。

中島さんは笑いの中に涙ありといった印象で、好きな作家さんです。
今作はホームドラマのようであり、一人の女性の心情を綴ったものでもあり、いろいろな意味でも楽しめると思います。
あの大伯父の人生をもっと聞いてみたい気もします。
主人公もさることながら、こういう脇役まで光らせるとこが中島さんの魅力ですね。

均ちゃんの失踪 

均ちゃんの失踪 均ちゃんの失踪
中島 京子 (2006/11/10)
講談社
この商品の詳細を見る

イラストレーターの均ちゃんの家に空き巣が入った。しかし均ちゃんは失踪中。
警察に呼ばれたのは、均ちゃんをめぐる三人の女。
元妻であり大家の梨和景子、製薬会重役秘書の木村空穂、そして雑誌編集者の片桐薫。
三人は均ちゃんに他にも女がいることを知らなかったのだが、奇妙な縁で顔見知りになってしまったのだ…


面白かった!均ちゃんの親戚と名のるゲイの祐輔も加わり、均ちゃんを通してそれぞれの立場、考えが
描かれていくのです。
それぞれの視点の章で構成され、「均ちゃんの失踪」は薫、「のれそれ」は景子、「彼と終わりにするならば」は
空穂、「お祭りまで」は均ちゃん、そして「出発ロビー」へと続くのです。
それぞれがいなくなってしまった均ちゃんを思いながらも、成長していくと言っていいのかな、
一歩前に踏み出していくんです。
そこへたどりつくまでの彼女たちが、あーわかるわかるって感じなのです。
普通ならば、わざわざ一人の男をめぐって修羅場?ってなるのですが、均ちゃんの人徳というか
三人が大人というか、ゆるい関係で繋がっていっていくところも好きです。
世代が違うから、打ち明けられるところがあるのかもしれないですね。
「のれそれ」と「彼と終わりにするならば」が年齢的に近いせいかよかったです。
「のれそれ」はいい大人のウブな恋。応援したくなるんですよ。
おじちゃん、おばちゃんがかわいい。
「彼と終わりにするならば」はフランスのディディエ夫人が粋でしたね。
こういう考えは一般的な日本人にはなく、新鮮だなと思いました。
前へ進もうとする空穂にも好感持てました。さっさとそんな男、手を切っちまいな!ガンバレ!
均ちゃんの失踪の理由も、なんか均ちゃんらしいですね。
優しくすっと心の隙間に入り込んでくる男なんだろうな。

続きを読む

イトウの恋 

イトウの恋 イトウの恋
中島 京子 (2005/03)
講談社
この商品の詳細を見る

面白かった!
中学教師の久保が、実家で祖父の遺品の中から「イトウ」の手記を見つけ、顧問の郷土部の
テーマにしようとするとことからはじまる。
この「イトウ」という人物は、I.Bという英国の女性探検家の日本旅行記「秘境」に登場する
通訳青年伊藤亀吉であり、手記はI.Bとの北海道へ向けた旅行のことが綴られていたのである。
しかし!この手記は中途半端な終わりかたをしており、続きが知りたい久保は細い手がかりをたどり
伊藤の子孫である田中シゲルに手紙を出すのです。
一方の田中シゲルは覚えのない先祖が自分を捨てた産みの母の祖父であることに戸惑うのだが
なぜだか久保に協力していくのです…
このイトウの手記が、なかなか面白いんですよ。
明治の文明開花に混乱している時代で、外国人も珍しく行く先々でちょっとした騒動があったりして
I.Bとイトウの距離が密接になっていくんです。
この時代の隙間というか、ホントこの時代でしかこういう関係ってありえないことかもしれないですね。
イトウのI.Bへの思いがいいんですよ。
I.Bを笑顔にしようと思って、頑張ってるんですよ。
口にするのはちと恥ずかしいですが「ロマン」なのです。
これが途中で終わってるんだもの、そりゃ続きを探したくなる!
それを探す久保とシゲル、そして郷土部の唯一の実働部員赤坂の3人がこれまたいいんです。
3人ともなんかピントがずれてるんですよね。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。