スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖で待つ 

沖で待つ 沖で待つ
絲山 秋子 (2006/02/23)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

芥川賞受賞作ともう1篇。

「勤労感謝の日」
少しだけ義理のある近所のおばさんを立てて見合いをした無職の主人公。
現れた相手は風貌も冴えない上に仕事大好き人間を自慢するような輩だった。

読み終えた後せっかくだから勤労感謝の日に読めばよかった…なんて思ってしまいました(笑)
気入らない見合いを蹴っ飛ばし、呼び出した後輩と飲み、その後も一人行きつけの店で飲む。
ただそれだけなのにパワーに圧倒され、ひきこまれてしまうんですよね。
それからどうなったんだろうって思うことは思うけど、この日の日記を垣間見たってことで、
それはそれでよかったのかも。

「沖で待つ」
住宅設備機器メーカーに入社して同じ福岡支社に配属された同期の太っちゃんから、
もし自分が死んだらパソコンのHDDを壊してくれと頼まれる及川。
不慮の事故で死んでしまった太っちゃんとの約束を果たす…

男女雇用機会均等法によっての女性総合職であり、バブル時期も重なり働き詰めだった及川。
自分の職歴が小さいところばかりだったので、そういう大きな会社でバリバリ働き同期の仲間がいる及川が羨ましかったりします。
今自分が働いてるのは水道屋の事務なので、住宅設備機器メーカーのこぼれ話が楽しめました。
建築関係の仕事ってバブル時期は忙しすぎるし今もホント厳しいんですよね。
太っちゃんのような同期は本当に心強いものだし、その絆はなによりもかえがたいものだと思います。
絲山さんの実体験そのものなんだろうな…

絲山さんは短編というイメージなのですが、この本もすぐに読めてしまうんですよね。
なんだか読み終えてしまうのが、もったいないかんじ。
長編を読んでみたいですよね。こっそりリクエスト。

スポンサーサイト

絲的メイソウ 

絲的メイソウ 絲的メイソウ
絲山 秋子 (2006/07/22)
講談社
この商品の詳細を見る

絲山さんの初エッセイです。
想像してたのは、「イッツ・オンリー・トーク」の印象が強くウツウツとした人なのかと思っていたのですが、
意外や意外ユニークな方でした。
たいへん失礼かと思うのですが、私と気があいそう。
ゆるいかと思えばせっかちのところがあったり、ケチなとこであったり、何もしたくなくなるほど凹んだり。
それに恋の話「恋のトラバター」はわかるー。

続きを読む

袋小路の男 

袋小路の男 袋小路の男
絲山 秋子 (2004/10/28)
講談社
この商品の詳細を見る

「袋小路の男」「小田切孝の言い分」「アーリオ オーリオ」の3篇。

「袋小路の男」
高校生のときからわたしは先輩に片思いをしている。
どんなに相手にされてなくても、約束を忘れられようとも…
離れても離れられない…

「小田切孝の言い分」
「袋小路の男」が大谷日向子からの視点だけだったのですが、こちらは片思いの相手
小田切の言い分も語られてます。
18年間の片思い…もちろんその間には、小田切から離れ恋もしたりしてるんだけど、
結局好きなのは小田切だと思い知らされてしまう。
読んでいて不覚にも泣きそうになってしまいました。
こんな人をなぜ好きになってしまうんだろうと絶えず日向子は思っていたんじゃないかな。
だけど人を好きになる気持ちって止められないし、自分でも判らないものだと思う。
この一途な想いが、ある意味羨ましかったりする。
片思いしている時が、一番いい時だったりするんだよね。
このつかず離れずの距離が理想的なのかもしれない。
はたから見れば「なにやってんのアンタたち…」って思うんだろうけど。
なにも一緒にいることがその人にとって幸せってわけじゃないんだよ。
好きだって思っていられることが幸せなんだよ。
小田切もじつはこの距離に幸せを見出しているのかもしれない。
もし二人が寄り添ってしまったら…
二人ともこの思いが消えてしまうことが怖いのかもしれない。

「アーリオ オーリオ」
こちらもよかったです。
科学好きの哲と姪っ子の美由の手紙のやりとり。
中学生らしく親に反発したり、友達がいないのかなと思わせる手紙。
それに答えることないけど、確実に美由になにかを伝えている哲。
手紙というスローな時間の流れ。
微笑ましい関係に割りいってくる現実問題…
だけど変わらないんだろうなぁ、星の輝きのように。

続きを読む

イッツ・オンリー・トーク 

4163226303イッツ・オンリー・トーク
絲山 秋子

文藝春秋 2004-02-10
売り上げランキング : 37,762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

微妙な感想です。
というのも「性」的なものが出てくるとちょっと苦手なんですよ。
でもそれがさらりと描かれてるんですよね。
あまり嫌悪感は感じなかったのですが、誰とでも寝てしまう優子、
特に痴漢と会うことが不思議ですね。
彼女が抱える心の病気のせいなんだろうなぁ。
きっと誰かと触れ合っていないと、心のバランスが崩れてしまうのかもしれませんね。
ちょっと間が抜けた従兄の祥一がよかったです。
さすが元ヒモですねー(笑)

詳しい感想はコチラから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。